京王・小田急多摩センター駅前の正面階段に施された「ハローキティ」の装飾が新しくなりました

京王・小田急多摩センター駅前の正面階段に施された「ハローキティ」の装飾が新しくなりました

 多摩市ではこのほど、多摩センター駅前の正面階段に施された「ハローキティ」の装飾をリニューアルした。

 市では2018年3月に、多摩センターのまちの活性化、東京オリンピック・パラリンピックに向けた機運醸成と健幸まちづくりへの意識向上を目的として「健幸都市」の文字とともに、多摩センター親善大使の「ハローキティ」を描いた装飾を同階段に設置していた。

 今回のリニューアルしたデザインは、市の特徴である「丘」を背景に、市の花「ヤマザクラ」や名産の野菜が描かれる中で、ハローキティとミミィが健幸都市を目指す多摩市をPRするという内容。市では「何かと暗い気分になりがちな日々ですが、新しい階段装飾を見た方に少しでも明るい気持ちになっていただければ」と話している。

関連記事

人気記事

注目