一歩ずつ「小田原城主気分」小田原駅西口に階段アート出現!

シェアする

 四季をイメージした幻想的な背景に天守閣がそびえ立つ―。小田原駅東西自由連絡通路の西口階段に4月7日、勇壮な小田原城が出現した。これは小田原市観光課が施した階段アートだ=写真。

新幹線利用の観光客が多く集まる西口に着目

 仕掛け人は、官民が連携して小田原城を中心とした誘客の方策を検討する「小田原城誘客プロジェクト実行委員会」。新幹線利用の観光客が多く集まる西口に着目し、小田原城と街中への回遊を促す階段アートを思いついたという。これを受け観光課が鉄道会社らと調整を図りながら、実現までこぎつけた。

映える写真を撮れるスポットになればと

 36段の階段アートには、小田原城までの所要時間や観光案内所への道案内が描かれ、英語も併記した。「階段を上がる姿は小田原城に登っているかのよう。映える写真を撮れるスポットになれば」と同課。古川達高実行委員長は「小田原には城があると改めて認識してもらい、駅で滞留せずに街中へ出るきっかけになれば」と話した。

行こうよ小田原ページへ

住所

神奈川県小田原市小田原駅西口

公開日:2020-05-04

関連タグ