コロナ終息願い、こい泳ぐ @川崎市・夢見ヶ崎動物公園

コロナ終息願い、こい泳ぐ @川崎市・夢見ヶ崎動物公園

こいのぼりを見上げる親子連れ

 夢見ヶ崎動物公園(幸区南加瀬)の慰霊塔前広場で5月30日からこいのぼりが泳いでいる。

 緊急事態宣言が解除されて最初の週末、公園には親子連れの姿が多くみられ、子どもたちからは「こいのぼりだ」「わぁ大きい」と時機外れのこいのぼりを喜ぶ声が聞かれた。

 こいのぼりを掲揚している「さいわい加瀬山の会」の成川七郎会長は「緊急事態宣言が解除されたら揚げようと思っていた。ふるさとの山に何もないのは子どもたちがかわいそうだ。揚がってるだけでも子どもは楽しいでしょ。コロナ終息も願ってね」と語った。

 当初は4月16日からGWにかけて揚げる予定だったが、区役所からの要請で2日後に中止していた。今回は天候によるが、6月中旬まで毎日午前6時頃から午後6時頃に揚げる。

開催日

6月中旬まで(天候にもよる)
6時~18時ころまで

住所

神奈川県川崎市幸区 夢見ヶ崎動物公園