色とりどりのサンゴの写真展「海中」逗子アートギャラリー・逗子文化プラザの2カ所で開催

色とりどりのサンゴの写真展「海中」逗子アートギャラリー・逗子文化プラザの2カ所で開催

色とりどりのサンゴが生きる逗子の海

身近な海の豊か活写 海中写真家・長島さん展示

 逗子市在住の水中写真家・長島敏春さんが写真展「海中」を開催する。

 オオタカ根と呼ばれるスポットで、長年水中写真を撮っている長島さん。豊かなサンゴが広がる自然礁で色とりどりのサンゴや多種多様な魚群の姿をカメラで写し、2018年には写真集『相模湾の四季 逗子サンゴものがたり』も出版している。

展示は2カ所で開催

  • 7月1日(水)から9日(木)までは逗子アートギャラリー(逗子市逗子5の11の31)を会場に正午から午後7時まで。
  • メディアプロデューサーの石井仁志さんとのトークイベントが4日(土)(午後4時〜)と5日(日)(午後2時〜)開かれる。5日のみワンドリンク付きで参加費500円。
  • 12日(日)から19日(日)までは会場を逗子文化プラザホールギャラリーに移して正午から午後7時まで開く。
  • 石井さんとのギャラリートークは18日(土)(午後3時〜)。

 長島さんは「逗子は世界的なサンゴの宝庫。多くの人に見ていただけたら」と話している。

開催日

2020年7月1日(水)~2020年7月9日(木)

逗子アートギャラリー

2020年7月12日(日)~2020年7月19日(日)

逗子文化プラザホール

住所

神奈川県逗子市逗子アートギャラリー/逗子文化プラザホールギャラリー

ホームページ

http://www.sangokun.com