【横浜・保土ヶ谷区】800株、色鮮やか 峰沢町・あじさいロードが見ごろ

【横浜・保土ヶ谷区】800株、色鮮やか 峰沢町・あじさいロードが見ごろ

峰沢町・三ツ沢公園入口交差点そばにある「滝ノ川あじさいロード」の紫陽花が見ごろを迎え、地域住民らの目を楽しませている=写真。

この場所には1993年ごろまで「滝ノ川」という川が流れ、周辺地域の水田を潤していた。時代の変化とともに周辺が市街化され、瀧ノ川は灌漑としての役割を失うことに。悪臭も漂うようになり、その後は地下水路として整備された。

「花咲かせ隊」が活動

遊歩道は川跡を整備して2000年に誕生した。完成に合わせ、地元の老人クラブ有志が「花咲かせ隊」を結成し、散策路を「滝ノ川あじさいロード」と命名。紫陽花などの花を植え、環境美化に取り組んだ。

感染予防対策をして楽しんで

現在は800メートルほどの区間に西洋アジサイやガクアジサイを中心とした800株ほどの紫陽花が植えられ、区内有数の紫陽花スポットとして知られている。今年はピラミッド形に咲く花が特徴の「カシワバアジサイ」が大きな花を咲かせているという。

峰沢町・岡沢町自治会の穴原豊会長は「新型コロナウイルスも気の抜けない状況が続いている。もし見に来ていただく際には、感染症対策に気をつけて楽しんでほしい」と話した。

【横浜・保土ヶ谷区】800株、色鮮やか 峰沢町・あじさいロードが見ごろ

住所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区峰沢町