サメなどを使った地魚新メニューをテイクアウトやキッチンカーで味わおう@茅ヶ崎市

サメなどを使った地魚新メニューをテイクアウトやキッチンカーで味わおう@茅ヶ崎市

サメなど低利用魚を使ったメニューがズラリ

「茅ヶ崎地魚倶楽部」が茅ヶ崎漁港で6月2日、サメを中心とした地魚を使った新メニューを発表した。

 漁業・飲食・加工業者が協力して未利用・低利用魚の製品化・メニュー化し、水産業の活性化を目指す同倶楽部。2018年の発足以来、数々のメニューを考案してきた。今回はアフターコロナを視野に入れ、テイクアウトやキッチンカーでの販売も充実したラインアップとなっている。

 お披露目されたのは、

  • 多国籍酒場SITA「タンドリーシャーク」、
  • キッチンカナロア「サメホットサンド」、
  • レストランなんどき牧場「サメサンド」「フィッシュアンドチップス」、
  • 一里塚「茅ヶ崎フカ天丼」、エスニックガーデン「サメのココナッツフライ」、
  • 二代目魚清わさび「サメ糝薯(しんじょう)の磯辺揚げ」、
  • ちがさき丸「地魚フライ弁当」

の7事業者8品。

新メニューは販売中または近日販売予定

 新メニューには茅ヶ崎沖で獲れた低利用魚のシュモクザメやアジなどを使用。サメは水揚げ後すぐに下処理を行うため臭みが抑えられるという。「味が淡白なのでスパイスを強めにした」とレストランなんどき牧場の横山貢さん。反対に一里塚の青木之斉さんは「素材の味を生かして普通の魚と同じように調理した。まずは食べてみて」と話した。

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎

問い合わせ

茅ヶ崎地魚倶楽部 茅ヶ崎イシラス

電話

0467-39-6935

0467-39-6935

注目