八王子出身写真家・薄井さんが十二代目市川團十郎さんの写真展を開催中

このイベントは開催・申込を終了しました

八王子出身写真家・薄井さんが十二代目市川團十郎さんの写真展を開催中

展示される薄井さんの作品。今回の展示はカラー9点、モノクロ5点を用意。薄井さんによると「カラー作品は今世界が注目している日本の和紙を使用した、最新技術による仕上げ」だそう。掛け軸に仕上げた作品も展示されるという

 八王子市寺町出身の写真家、薄井大還(たいかん)さん(渋谷区在住・80)が写した歌舞伎役者、十二代目市川團十郎さんの写真展が6月27日(土)まで、千代田区東神田で行われている。

 タイトルは「天と地の境で」其の2-魂の叫び・十二代目市川團十郎-」。会場は馬喰横山、馬喰町駅からそれぞれ徒歩2分の「KKAGギャラリー」(千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビル405 )。

35年にわたり撮影

 薄井さんは團十郎さんが「海老蔵時代」の頃から35年にわたり、その「人生歌舞伎」を写してきた。今回の展示について薄井さんは「一般の方々が目にすることができない、舞台ではなく楽屋の姿で、景清の隅取りメイクから衣装の着付けなど、徐々に変わっていく様子や舞台後の息を殺しての隅押し」などを「写真家の実力で表現した」と話す。

 「小さな画廊ですが、清らかな空気の中でゆっくりご覧ください。私は木、金、土の3時から6時は会場にいる予定です」と来場を呼び掛けた。

開催日

2020年6月18日(木)~2020年6月27日(土)

休廊は日、月、火
時間は15時から19時

費用

入場無料

注目