旧長浜検疫所のパネル展 6月28日から@横浜市・金沢区役所

このイベントは開催・申込を終了しました

旧長浜検疫所のパネル展 6月28日から@横浜市・金沢区役所

2段目右から10行目に野口の名前がある

「金沢区の宝”旧長浜検疫所一号停留所”が解体・跡地売却の危機に」と題したパネル展が6月28日(日)から7月4日(土)まで、金沢区役所2Fの区民ギャラリーで開かれる。主催はNPO法人野口英世よこはま顕彰会。

この展示では明治期の木造建築の様子を今に残す登録有形文化財旧長浜検疫所の「一号停留所」の歴史的価値を紹介。2年後には長浜にある輸入食品・検疫検査センターがみなとみらいに移転する予定があり、隣接する「一号停留所」の解体の可能性が危惧される中、同施設の保存を訴える。

また、展示では1899年の横浜のペスト騒動を伝える新聞記事を紹介=写真=。若き日の野口英世が検疫医官補として対応したことがうかがえる。野口はペスト騒動での功績が認められ中国へ派遣され、その後米国留学を経て世界の野口となっていく。

開催日

2020年6月28日(日)~2020年7月4日(土)

午前8時45分から午後5時まで

住所

神奈川県横浜市金沢区泥亀2-9-1 金沢区役所2階

問い合わせ

NPO法人野口英世よこはま顕彰会

関連記事

注目