相模原市の区政10周年記念切手を販売 相模原市の各区と共同作成で3種類

シェアする
緑区の切手シート。七夕、小倉橋のほか相模川自然の村公園や本沢梅園、エビラ沢の滝、鳥屋の獅子舞、宮ヶ瀬湖、小原宿本陣、藤野やまなみ温泉、緑のラブレターが絵柄に

日本郵便は7月1日、相模原市の区制施行10周年を記念して各区と共同で作成したオリジナル切手シートの販売を開始した。6月26日には、市内の郵便局長らが市役所を訪れて完成を報告し、切手の贈呈式も行われた。

シートは3種類

1シート84円切手10枚綴りで各区の特色を表したオリジナルデザインで作られている。

  • 緑区のシートは、区のイメージキャラクター「ミウル」とともに、橋本七夕まつりや小倉橋など区内の観光名所やイベントをイラストで表現した絵柄になっている。
  • 中央区はシンボルの桜を題材に区内桜名所の写真があしらわれ、
  • 南区は区主催の「南区私のイチ押し写真」応募作品が採用され、女子美術大学の学生が制作した南区誕生10周年のロゴマークも掲載された。

販売部数は南区が1500シート。中央区と緑区は1千シート。1シート税込1330円で簡易郵便局を除く市内全55局で販売中だ。

初の相模原市誕生記念切手シート

 今年1月、相模原古淵郵便局の細谷勝利局長(神奈川県西北部地区連絡会地区統括局長)と南区地域振興課で区制10周年記念事業の話題が持ち上がり、さまざまな意見を集約して3区で切手を作成する運びとなった。同社は、2007年に市町合併で新・相模原市が誕生したことを記念して切手シートを作成したのをはじめ、これまでに延べ6回にわたり市関連の切手を販売している。

各区の思いの詰まった切手

 6月26日に市役所を訪れた細谷局長は、「三区三様、それぞれの思いが詰まった切手となった」と完成を報告。18年に同社と市の間で結んだ包括連携協定についてふれ、「今後も市と郵便局がウインウインでいけたら」とあいさつした。本村賢太郎市長は、「多くの市民の皆さんが切手を見て喜ぶと思う。この切手を使っていただき、相模原のすばらしさを全国の皆さんに知ってもらえれば」と謝辞を述べた。

住所

神奈川県相模原市

公開日:2020-07-03

関連タグ