野生のカイコを展示 @シルク博物館【横浜・中区】一級品シルクがとれる「天蚕」

野生のカイコを展示 @シルク博物館【横浜・中区】一級品シルクがとれる「天蚕」

天蚕の幼虫(左)と完成した緑色のまゆ

シルク博物館=中区山下町1シルクセンター2階=で7月8日から、夏の特別展示として天蚕(てんさん)の飼育展示が行われている。

「カイコ」と言われるものは養蚕農家で飼育された家蚕(かさん)で、一方自然界にいるものは野蚕(やさん)と呼ばれ、日本原産で有名なものが「天蚕」。幼虫もまゆも緑色をしているのが特徴だ。この天蚕の糸には独特な光沢としなやかさがあることから「繊維のダイヤモンド」と呼ばれている一級品。

展示は8月末までの予定。成長の様子は同館ツイッターでも随時発信される。開館時間や入館料などはHPで。(問)【電話】045・641・0841

開催日

2020年7月8日(水)~2020年8月31日(月)

会期は予定

住所

神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2階

【 みなとみらい線 】 日本大通り駅下車3番出口徒歩3分

費用

一般 500 円
シニア(65歳以上)/大学生 300 円
高校生/小・中学生 100 円

問い合わせ

シルク博物館

電話

045-641-0841

045-641-0841

備考

■開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
■休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)、設備点検休館8/30(日)

人気記事

注目