宮ケ瀬湖畔周辺でネムノキの花が見ごろ

シェアする
宮ヶ瀬湖周辺の県道沿いに咲くネムノキの花

7月に入り、各地でネムノキの花が見頃を迎えている。

ネムノキはマメ科ネムノキ亜科の落葉高木で、成長すると高さは10m程になる。開花時期は6月から7月で、ピンク色の綿毛のようなふわふわの花が特徴だ。夜になると葉を閉じるため「眠の木」から名付けられたと言われている。ネムノキは主に日当たりのよい湿地に生えるため、河川敷など水辺にも多い。

清川村では、宮ヶ瀬湖周辺の県道64号線、大棚沢広場近くなどで見ることができる。また、愛川町の中津川河川敷では、角田地区の地元有志らが管理する仙台下河川敷で群生している。

雨天が続く時期だが、身近に咲く初夏の繊細な花を探しては。

住所

神奈川県清川村宮ヶ瀬

宮ヶ瀬湖周辺の県道64号線、大棚沢広場近く
愛川町仙台下河川敷

公開日:2020-07-21

関連タグ