政府支給マスクを自分好みに「藍染め体験」見てきました @川崎市立日本民家園・伝統工芸館

政府支給マスクを自分好みに「藍染め体験」見てきました @川崎市立日本民家園・伝統工芸館

藍の液体に沈ませて染色する様子

 新しい生活様式を、オシャレに快適に――。川崎市立日本民家園(枡形)西口の伝統工芸館で7月15日から、政府支給マスクを対象にした「藍染め体験」が始まった。来年3月までの期間限定で、無地のマスクに自分だけの模様をつけることができる。同館スタッフの一人、赤坂佳代子さんは「普段の体験は大人の方が多いけれど、マスクではお子さんの体験が増えている。簡単にできてみんな喜んで帰っていく」と笑顔を見せる。

 まずは、模様をつけたい部分に洗濯ばさみや輪ゴムを装着。藍の液の中に沈ませ、内側やゴムの部分も染まるようによくなじませる。

政府支給マスクを自分好みに「藍染め体験」見てきました @川崎市立日本民家園・伝統工芸館

模様をつけるための作業

液から出し、空気に触れさせて酸化。この作業を3度ほど繰り返し、水洗いや脱水などの工程を経て完成する。片面を無地にしたり、両面別々の模様を付けることも可能だ。

政府支給マスクを自分好みに「藍染め体験」見てきました @川崎市立日本民家園・伝統工芸館

一度染めてから酸化させる前の様子

政府支給マスクを自分好みに「藍染め体験」見てきました @川崎市立日本民家園・伝統工芸館

乾燥前の完成したマスク

 藍染めを長年指導する松下礼子さんは「たんすに眠らせておくよりは、藍染めで楽しんで使ってもらえたら」と思いを話す。事前予約制で午前10時と午後2時、1時間程度。参加費700円、未使用のマスクを持参。問い合わせは同館【電話】044・900・1101。

関連記事はコチラ

開催日

2020年8月15日(土)~2021年3月31日(水)

10時と14時(各回1時間程度)

住所

神奈川県川崎市伝統工芸館

川崎市立日本民家園

費用

参加費700円 未使用のマスクを持参
事前予約制

問い合わせ

伝統工芸館

電話

044-900-1101

044-900-1101

人気記事

注目