「猫好きの名スポット」葉山町の猫の家で作品展

「猫好きの名スポット」葉山町の猫の家で作品展

「裕次郎灯台」油彩画・寺崎城介

 葉山町の猫の家(湘南ねこ美術館・下山口1502)が寺崎城介作品展を開いている。期間は11月2日(月)まで。

 絵画や書籍、雑貨などの猫にまつわるグッズ類が所狭しと並び、全国の猫好きの間で「名スポット」として知られている同館。定期的にアーティストによる作品展を開催している。

猫の姿通じ社会映す

 今回は日本大学芸術学部を卒業後、長年油彩を中心に制作している画家の寺崎さんによる作品を展示。猫をモチーフとし、コロナ禍にちなんだ作品15点が並ぶ。「風刺のきいた作品をお楽しみください」と館長の広沢義之さんは話している。

 入館時にはマスクの着用など、感染症対策のほか、室内の密状態回避への協力を呼び掛けている。開館は毎週土曜、日曜、月曜の午前10時から午後5時(入館は4時30分)まで。入館料大人400円、小中学生300円、65才以上350円。駐車場はなく、近隣のコインパーキングかバス(「葉山」バス停下車すぐ)の利用を。

 問い合わせは同館【電話】046・890・0454へ。

開催日

2020年8月28日(金)~2020年11月2日(月)

開館:毎週土曜日、日曜、月曜 午前10時から午後5時

住所

神奈川県葉山町下山口1502

費用

入館料:大人400円 小中学生300円 65才以上350円

問い合わせ

湘南ねこ美術館

電話

046-890-0454

046-890-0454

関連記事

注目