『紙で伝える展』両親への思いを手紙に書く体験も@鎌倉市・佐助カフェ

シェアする

このイベントは終了しました。

会場には一筆箋や封筒が用意されている

 「紙で伝える展」が9月28日(月)まで、佐助カフェ(佐助2の18の15)で開催されている。期間中の展示時間は午前11時から午後5時。入場無料。24日(木)は定休日。

「紙で伝える」ことを仕事の中心とする3社が企画

 これは鎌倉を拠点とする出版社「銀の鈴社」、コピーライター事務所「木村文章店」、鎌倉に本社を置き、藤沢に工場を持つ印刷会社「東湘印版」という「紙で伝える」ことを仕事の中心とする3社が企画したもので、今回で6回目。

手紙を書く体験

 会場には80種類の一筆箋と18種類の封筒が用意され、「伝えたい思い」にあったものを選んで手紙を書くという体験を行っている。

 また今回は『お父さんがお父さんになった日』『お母さんがお母さんになった日』などの作品で知られる佐助在住の絵本作家・長野ヒデ子さんとコラボし、「お父さん、お母さんへの思いを紙で伝えよう」をテーマとしている。

 銀の鈴社の西野大介さんは「ご両親について深く考えるとともに、手書きの手紙にすることで素敵なコミュニケーションの機会になれば」と話している。

 問い合わせは銀の鈴社【電話】0467・61・1930へ。

開催日

2020年9月17日(木)~2020年9月28日(月)
期間中の展示時間は午前11時から午後5時。24日(木)は定休日。

住所

神奈川県鎌倉市佐助カフェ(佐助2の18の15)

費用

入場無料

問い合わせ

銀の鈴社

電話

0467-61-1930

0467-61-1930

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-09-21

関連タグ