横浜・新港ふ頭客船ターミナルに「海の駅」 桟橋完成、回遊性向上へ

横浜・新港ふ頭客船ターミナルに「海の駅」 桟橋完成、回遊性向上へ

桟橋には小型〜中型船が2船停泊できる

客船ターミナル、ホテル、商業エリアが一体となった日本初の停船場としてオープンした新港ふ頭客船ターミナルに、新たな水上交通の拠点となる「新港ふ頭さん橋」が9月11日に完成した。今後は観光船が不定期で発着する。

同日行われた式典には、商業施設「モアーズ」を運営する(株)横浜岡田屋の岡田伸浩社長、市港湾局の中野裕也局長ら関係者が参加。ポートサービス=中区=の「シーバスゼロ」と、ケーエムシーコーポレーション=西区=が運航し、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」が同時停泊し、桟橋の完成を祝った。

加工して再利用

桟橋は鶴見区の大黒ふ頭にあった老朽化したものを加工して再利用。横浜赤レンガ倉庫側の岸壁に設置され、長さは18m、幅3・5m。小型船から中型船が停泊する。横浜港の回遊性向上による誘客強化でまちににぎわいをもたらそうと、岡田社長が市に設立を提案。4月から工事を始め、9月に竣工した。

にぎわいを創出

8月末には、新港ふ頭客船ターミナル内にある商業施設、横浜ハンマーヘッドの隣接地にパーク(公園)とデッキが完成。客船寄港時の歓送演奏など多目的イベント広場として使用される予定で、街並みは変化する。

【関連記事】

中野局長は「桟橋が横浜の観光業を盛り上げる新たな窓口になれば」と期待を込める。岡田社長は「新しい海の駅がまちのシンボルとして皆さんに親しまれ、横浜ににぎわいを創出できれば」と話している。

市は新港ふ頭桟橋を不定期で開放する意向だが、将来的には定期船の発着地化を目指す。

横浜・新港ふ頭客船ターミナルに「海の駅」 桟橋完成、回遊性向上へ

コロナ対策の下、式典は関係者のみで行われた

住所

神奈川県横浜市中区新港二丁目新港ふ頭地先

関連記事

注目