【栄の森へ行こう】瀬上市民の森 (せがみしみんのもり) 面積:約48ha

【栄の森へ行こう】瀬上市民の森 (せがみしみんのもり) 面積:約48ha

江戸時代末期から地域を守ってきた瀬上池

三浦半島から続く緑地の北端に位置するこの森は、静かな瀬上池を谷底に水と緑が豊かに広がる空間です。「瀬上市民の森愛護会」が土砂の流入対策や散策路の管理、「瀬上さとやまもりの会」が里山づくりに取り組んでいます。

森のシンボル「瀬上池」

いくつもの谷からの湧水が谷底の瀬上池に注がれており、静かで独特な雰囲気をもっています。秋の紅葉シーズンも観賞にぴったりです。

富士山を一望

高台の散策路からは森全体を見下ろせるだけでなく、パノラマビューで富士山や丹沢山地を望むことができるスポットになっています。

【栄の森へ行こう】瀬上市民の森 (せがみしみんのもり) 面積:約48ha

各所にある湧水

多様な野生生物

半島から続く緑地は自然豊かで、さまざまな野生生物と出会うことができます。野鳥も多く棲んでいるといわれています。

【栄の森へ行こう】瀬上市民の森 (せがみしみんのもり) 面積:約48ha

他の場所も見る

注目