『日本と再生・光と風ギガワット作戦』上映会&飯田哲也さんトーク

このイベントは開催・申込を終了しました

『日本と再生・光と風ギガワット作戦』上映会&飯田哲也さんトーク

 「太陽がいっぱい。風がいっぱい。世界はもう、自然エネルギーで動いている!」――。日本と世界の自然エネルギーの現場や、その最前線で挑戦する人たちを訪ね歩いたドキュメンタリー映画『日本と再生 光と風のギガワット』(河合弘之監督)の上映会が10月1日(日)、午後1時から恵泉女学園大学南野校舎視聴覚室で開催される。恵泉女学園大学主催、一般社団法人多摩循環型エネルギー協会、子どもと未来の会の共催。
 同作品は、原発の危険を訴え、原発差し止め訴訟を繰り広げながら原発問題の映画を撮ってきた弁護士の河合弘之氏が、「原発を無くした後は自然エネルギーで充分にやっていけることがわかる映画を」と、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏と日本、世界を回って制作。上映会終了後には、その飯田氏をゲストに迎えたトークイベント(午後2時50分〜)も予定されている。参加費は一般500円、学生・障害者無料。
ソーラーパネル清掃体験も
 また同時開催として、午前10時からは、同大学南野校舎屋上にある「ソーラーパネル清掃体験」も実施。このソーラーパネルは、2013年7月に、再生可能エネルギーを推進する多摩市と、大学、市民が連携して市民出資による30キロワットの市民発電所「恵泉」として設置されたもの。現在、同様の市民発電所が市内の公共施設などを中心に13カ所に開設されている。参加費は無料。定員は20人。参加希望者は9月29日(金)までに申込みを。
 同じく午前11時から午後3時半まで、「恵泉ファーマーズマーケット」も開催。恵泉をフィールドに「食べる物をつくる人」と「食べる人」のお互いが見える場・出会う場を創出しようと、学生が育てた有機野菜の販売等が行われる。
 上映会・清掃体験についての問い合わせは多摩エネ協・江川さん【携帯電話】070・5369・0230、または【メール】info@tama-enekyo.orgへ。ファーマーズマーケットについては同大学ホームページで確認を。

開催日

2017年10月1日(日)

13:00 〜 15:50

費用

学生・障害者無料

問い合わせ

一般社団法人多摩循環型エネルギー協会

電話

070-5369-0230

070-5369-0230

メールアドレス

info@tama-enekyo.org

関連記事

注目