【参加者募集】歴史講演会「氏照と合戦」 @八王子市加住市民センター(加住町)

【参加者募集】歴史講演会「氏照と合戦」 @八王子市加住市民センター(加住町)

過去開催の様子=提供写真

 滝山城主だった北条氏照公没後430年を顕彰しての歴史講演会が11月29日(日)、加住市民センター(加住町)で開催される。主催はNPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会(尾熊治郎理事長)。同NPOでは現在、参加者を募集している。

 講師は市文化財保護審議会副会長の加藤哲(あきら)さん。15回目となる歴史講演会で、今回の内容は昨年度に続き「滝山城主北条氏照の人と合戦」について。

 1569年(永禄12)の滝山合戦で武田信玄の侵攻を退けた氏照はその後、北条氏の北関東侵攻の中心となって活躍。やがて織田信長、羽柴秀吉ら中央政権との交渉を通じて関東・東北のみならず、近畿地方の動向にも目を配りながら、北条家の柱石としての役割を果たしていく。今回はその時期の氏照をたどり、秀吉との決戦に向かう氏照の八王子城への移転と領域の支配について考える(以上、資料より)。演目は「上方の儀に付き、際限なき御用に取乱れ候〜滝山城主北条氏照の人と合戦(2)〜」。

往復はがき16日必着

 受講料は資料代として500円。当日は10時からと13時30分からの回がある。各回とも定員40人で、現在往復ハガキにて参加者を募っている。応募多数の場合は抽選となる。

 希望の人は往復ハガキに希望の回、氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号を記入の上、〒192─0902八王子市上野町109─21八木正範宛へ応募を。返信面には宛名の記載を忘れずに。11月16日(月)必着。

開催日

2020年11月29日(日)

10時からと13時30分

住所

東京都八王子市八王子市加住町1-338

問い合わせ

尾熊さん

電話

090-4700-6854

090-4700-6854

関連記事

人気記事

注目