連載コラム4「「歩く」べきか?「走る」べきか? 」ふじさわ歩くプロジェクト

シェアする

健康運動指導士の「知っておきたい歩き方」

 気軽に始められる人気の2大エクササイズ「歩く」と「走る」。どちらがオススメでしょうか?どちらも「有酸素運動」「手軽」「健康・体力づくりにつながる」という点では、共通しています。決定的な違いは、運動時の足の使い方にあります。「歩く」は必ず両足のどちらかが地面に接地しているのに対し、「走る」は必ず両足が浮いている時があることです。

 また「走る」は「歩く」よりも身体(関節・心肺など)への負担が大きくなり、きつくて長続きしない可能性もあります。身体への負担を考えると「走る」はある程度体力がある人にオススメです。体力に自信がない方や運動が苦手な方は「歩く」ことから始めると良いかもしれません。慣れてきたら「歩く」と「走る」をミックスしながら取り組むのもいいですね。

公益財団法人藤沢市保健医療財団 健康運動指導士 高橋 健

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市

公開日:2021-03-08

関連タグ

同じ特集の記事