featureBanner

神奈川電設(株)/趣味も仕事も楽しむ〈#ちがすき 公開記念インタビュー〉

シェアする
産業道路沿いにあるecotto

茅ヶ崎を好きになってもらい、暮らしてみたくなる最新の茅ヶ崎情報を発信するWebマガジン「#ちがすき」が、ついに2021年4月1日にオープン!協賛スポンサーである地元不動産・建設会社などに特別インタビューを行いました。「#ちがすき」にかける思い、茅ヶ崎市への将来の期待感などを聞いてきました。

神奈川電設(株)/茅ヶ崎市萩園

 創業70年の電気・通信設備工事会社、神奈川電設が展開する「ecottoショールーム」。湘南地域の「困った」の解決をコンセプトに、宅配水事業、各種工事サービス事業を行っています。

  • まずは、「#ちがすき」に協賛された理由をお聞かせください。

(ecotto事業部所長・大森竜朗さん)現在、新型コロナの影響で、都心を離れて茅ヶ崎に移り住みたいという方が増えていますが、そんな中、茅ヶ崎の魅力をあらためて発信する「#ちがすき」の取り組みに共感しました。

神奈川電設は1948年の創業以来、湘南・茅ヶ崎を拠点として地域とともに成長してきた会社です。働きやすく、住みやすいこのまちの魅力を、より多くの人に知ってもらいたいと思っています。

  • 茅ヶ崎での働き方を紹介してください。

ecottoショールームで働く松井さん

(営業課・松井弾さん)以前からサーフィンが好きだった私は、「海の近い所に住みたい」という思いから、約20年前に茅ヶ崎に引っ越してきました。

以前は物流業に勤め、東京へ通う毎日を送っていましたが、「好きなサーフィンをもっとしたい」「ワークライフバランスを考えたい」という思いから、茅ヶ崎で仕事を探すことに。そして3年前に、神奈川電設に転職しました。

入社当初は宅配水である「ハワイウォーター」の営業職に特化してきましたが、会社からの勧めで、電気設備にも挑戦するようになりました。まったく初めての分野でしたが、先輩から教えていただきながら先日、第二種電気工事士の資格も取ることができました。

電気関係のことでお困りのお客様のもとに行き、一人で修理するのはやりがいがあります。そしてお客様に喜んでいただくのがとてもうれしく思います。

また先日、企画のひとつとして、湘南の魅力を発信するフリーペーパー「ECOPA」を編集し、創刊しました。地域に根付いた様々な仕事ができていると実感しています。

  • 趣味との両立はいかがでしょう。

趣味のサーフィンも全力で楽しむ

サーフィンは波があればほぼ毎朝楽しんでいます。夏は4時半から海に行き、出社の8時半に間に合うように楽しみます。終業後にまだ日が沈んでいなければ、急いで行くこともあります(笑)。楽しみが待っているので、仕事にもメリハリがつくと思っています。

サーフィンの後は、茅ヶ崎駅南口にある個性的な飲み屋さんでお酒を楽しむこともあります。顔が見える店主たちとの交流もまた楽しいですね。

茅ヶ崎は「趣味も仕事も楽しもう」という人が多く、それを応援する会社も多いように思います。これからも茅ヶ崎での生活を満喫していきたいですね。

あわせて読みたい #ちがすき 公開記念企業インタビュー

その他の企業インタビューもぜひ読んでみてください。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市萩園1252

公開日:2021-04-01

関連タグ

同じ特集の記事