featureBanner

大栄建設工業(株)/街の統一感生まれる「ちがさき」という文化が好き〈#ちがすき 公開記念インタビュー〉

シェアする

茅ヶ崎を好きになってもらい、暮らしてみたくなる最新の茅ヶ崎情報を発信するWebマガジン「#ちがすき」が、ついに2021年4月1日にオープン!協賛スポンサーである地元不動産・建設会社などに特別インタビューを行いました。「#ちがすき」にかける思い、茅ヶ崎市への将来の期待感などを聞いてきました。

大栄建設工業(株)/茅ヶ崎市円蔵

茅ヶ崎市円蔵に本社を構える大栄建設株式会社は、一級建築士をはじめ、一級建築施工管理技士、二級土木施工管理技士、福祉住環境コーディネーター、木造耐震士などの有資格者が席を置き、一般住宅や大型マンション、公共施設などを手掛けている地元密着の建設会社です。1977年に創業し、豊富な実積と確かな技術で、安心で快適な住まいを提供しています。

〈事業内容〉

  • 耐震補強工事(木造、RC造、鉄骨造)
  • リフォーム工事(一般住宅、商業ビル)
  • 建築一式工事(木造、RC造、鉄骨造)
  • 土木一式工事(外構、造成、その他)
  • 公共工事(茅ヶ崎市、神奈川県)
  • 建築設計・監理並びにこれに関連する業務

今回は、茅ヶ崎で生まれ育った小川裕暉さんにお話をうかがってきました。

茅ヶ崎への思いを熱く語る小川さん

  • まずは、「#ちがすき」に協賛された理由をお聞かせください。

テレビや新聞、ラジオ、雑誌などの既存メディアに加え、インターネット上で誰でも意見を発信できるようになった現代社会は、情報過多になりすぎて「必要な情報」が分かりにくい時代になっています。「#ちがすき」は、「茅ヶ崎を好きになってもらい、暮らしてみたくなる最新の茅ヶ崎情報を発信する」というコンセプトがしっかりとした媒体のため、多くの方の目に留まることを期待して協賛させていただきました。茅ヶ崎の街の未来にも、もちろん期待しています。

  • 「#ちがすき」にかける思いとは?意気込みを教えてください。

市外の方にとって知りたい情報というのは、当たり前の茅ヶ崎ではなく、コアな情報も含めた「茅ヶ崎のすべて」だと思います。暮らしもグルメも遊びも自然も、すべての魅力を発信し、「#ちがすき」を見ることで共感と想いが生まれ、「笑顔あふれる」仕組みになることが願いです。弊社も地元・茅ヶ崎の企業として、時代の変化に俊敏に対応できる先見性と瞬発力を持ちながら、進歩・発展・向上心を持ち続け、日々お客様のご満足の追求に励んで参りたいと思います。

  • 茅ヶ崎への移住者が増えております。住まい、暮らしに携わる企業としての茅ヶ崎市への思い、今後の期待感についてお聞かせください。

茅ヶ崎は、四方約6㎞のコンパクトな市域に24万人を超える人々が住んでいます。海や川、野山といった豊かな自然を持ち揃えながらも、都心に出るにも便利な距離ですし、なんと言っても街全体が「ちがさき」の文化を感じられる環境が人気なのだと思います。この「ちがさき」をもっと素敵な場所とするために、これからは南(海側)や北(山側)といった垣根をさらになくすことが大事だと思っています。

もちつき大会や地形搗きといった伝統行事を後世に伝えるため、さまざまな活動を積極的に行っている円蔵睦会の会長も務める小川さん。写真はカーブミラー清掃中の様子(2020年2月撮影)

海や山は茅ヶ崎市にとって大事な資源ですが、地域においては若干垣根がある。その垣根を取り外す仕掛けを作っていきたいと思っています。例えば、「茅ヶ崎市内の家にはコンクリート製の塀が無い」とか「地域ごとに建物の形や色が揃っている」など、街全体でコンセプトを共有することで統一感が生まれます。他市にはない環境を発信できる力を持つことや、文化と街が融合される環境作りが大事だと思います。私も生まれ育った茅ヶ崎が大好きなので、これからも街のために貢献していきたいですね。

あわせて読みたい #ちがすき 公開記念企業インタビュー

その他の企業インタビューもぜひ読んでみてください。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市円蔵2221番地

問い合わせ

大栄建設工業株式会社

電話

0467-87-1529

0467-87-1529

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-01

関連タグ

同じ特集の記事