featureBanner

茅ヶ崎市居住支援協力不動産店登録制度を創設しました

シェアする
制度のイメージ

茅ヶ崎市は、転居先で困っている人に対して住まい確保の支援強化を行うため、4月1日から転居相談者と不動産事業者を直接つなぐマッチング事業「茅ヶ崎市居住支援協力不動産店登録制度」を開始しました。

茅ヶ崎市ではこれまで住まいに関する悩みを総合的に支援する「住まいの相談窓口」を通じて相談を受け、内容に応じて協定団体につなぐ支援を実施してきました。相談件数は増加傾向で、「年齢を理由に転居先が見つからない」などの相談は全体の3割を占めていました。

今後、高齢者数の増加や新型コロナウイルスなどの影響で住まいに困る人がさらに増加する可能性なども危惧されることから、制度創設で住まいに関する支援をこれまで以上に強化していきます。

茅ヶ崎市居住支援協力不動産登録制度では茅ヶ崎市が直接、協力不動産店へ物件を照会し、情報提供があった協力店を紹介するため、転居相談者と貸す側が安心できる関係をつくることで、転居相談者の円滑な入居促進につなげていきます。協力不動産店に利用中のサービスなどの情報を転居相談者に直接提供できるため、入居件数の増加なども期待されます。

協力不動産店は3月末で17店舗が登録されており、現在も募集中。 茅ヶ崎市ホームページ「茅ヶ崎市居住支援協力不動産店登録制度」(https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/machidukuri/1034650/1042291/1042292.html)で募集方法を掲載しています。

問い合わせは茅ヶ崎市都市部都市政策課0467・82・1111へ。

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

茅ヶ崎市都市部都市政策課

電話

0467-82-1111

0467-82-1111

公開日:2021-04-01

関連タグ

同じ特集の記事