featureBanner

「茅ヶ崎サザンC」が竣工20年!縁結びの名所として完成、写真で20年の軌跡を振り返りました

シェアする

サザンビーチちがさきに建つ「茅ヶ崎サザンC」が今月、竣工から20年の節目を迎えました。茅ヶ崎市観光協会が「新たな観光資源に」と設置したモニュメントは、茅ヶ崎を象徴する存在として、多くの人に愛されています。

モニュメント建設がスタートしたのは2001年6月。第1回建設検討委員会が開かれ、観光協会会長から計画についての諮問が行われました。

その後、10月にはコンペの審査会が開催され、11月に最優秀作品が決定。愛称の決定などを経て、翌02年3月3日に竣工除幕式が行われました。

当時の様子を報じるタウンニュース茅ヶ崎版の記事によれば、「覆っていた布が下ろされ直径3・5mもの巨大な姿が現れると、会場に集まった市民からは歓声が上がった。観光協会会長の添田高明市長(当時)は『市民の熱意の結晶として完成したこのモニュメントを、かけがえのない財産として慈しみ、育んでいきたい』と新たなシンボルの誕生を祝った」とあります。

素材は海水の腐食にも強いチタン製で、地元のチタン加工専門メーカー「トーホーテック」が製作。デザインは茅ヶ崎の頭文字である「C」をかたどっており、欠けた部分に人が立つことで円が完成することから「縁結びの名所に」という思いがあります。

その後は茅ヶ崎を代表する観光スポット、フォトスポットとして知られるように。

2008年に発売されたサザンオールスターズのシングル『 I  AM YOUR SINGER』 のほか、メンバーの多くが茅ヶ崎在住のバンド『SPiCYSOL』のアーティスト写真やアルバムのブックレットにも採用され、今も多くのファンが訪れています。

名づけ親の竹内僚さん、「当時はあまり実感なかった」

愛称は、当時東海岸小学校2年生だった竹内僚さんが応募したもの。全国から寄せられた223通の中から選ばれました。

#ちがすきでは、SNSを通じて、竹内さんに当時の思い出やサザンCへの思いを聞きました。

現在は獣医師として働く竹内さん

「小学2年生で考えた名前が選ばれたので、正直なところ実感があまりなかった」と振り返る竹内さん。

ただ、愛称が決まった後、街で自分が考えた名前を目にする機会が増え「うれしく思っていたのを覚えています」。

特にサザンオールスターズのCDジャケットに採用された時には「周りの友達に自慢したり、大学生の時には実際に友達に見てもらったりした」。また、成人式の時にスピーチを任されるのではないか、密かに思っていたものの「実際はなにも連絡がなく悲しかった」とも。

サザンCについて「今でも意外と身近な存在です。時折海を訪れ、見に行ったりしています」と話します。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市中海岸4丁目12986-5/サザンビーチちがさき海水浴場

公開日:2022-04-02

関連タグ

同じ特集の記事