featureBanner

〈茅ヶ崎foodaction〉テイクアウト情報等をより分かりやすく!街中をブルーに染める「のぼり旗」を設置

シェアする
街中で揺らめく「のぼり旗」(場所はアメリカンダイナーエイト)

新型コロナの影響で疲弊する飲食店を応援しようと2020年4月に立ち上がったフェイスブックグループ「茅ヶ崎foodaction」が、設立1周年を記念して「のぼり旗」を製作しました。のぼり旗は3パターン作られ、ボランティアによって関係店舗に無償配布され、4月1日から設置が始まっています。

街中が「フードアクションブルー」に染まる

色はグループを象徴する鮮やかなブルーグリーンで、「フードアクションブルーが印象的に見えるようにデザインにこだわりました」と発起人の境はづきさんと淺野真澄さんは言います。「より多くの飲食店の応援になるようなものは何か、といつも考えています。色で統一感を持たせ、茅ヶ崎みんなで頑張っていることを印象付けたい。街中が染まるなんて素敵。ウキウキします」と笑顔で答えてくれました。

なお、製作費はクラウドファンディングや寄付、茅ヶ崎市商店街にぎわい創出事業補助金で賄われたそうです。

▼「#ちがすき」では、茅ヶ崎foodactionの設立経緯などを取材し、紹介しています。

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

茅ヶ崎foodaction〜茅ヶ崎の美味しいお店

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-12

関連タグ

同じ特集の記事