featureBanner

茅ヶ崎市が 「はたらKoyo新聞」を創刊。「雇用」「労働」テーマに発信

シェアする
製作した雇用労働課の職員

茅ヶ崎市は7月28日、雇用・労働に関するトピックスや国・市の支援制度をわかりやすく発信しようと「はたらKoyo新聞」を創刊しました。

A4版の4ページと別紙2ページ。創刊号は「ニューノーマル」をテーマに、コロナ下で働き方が変わっている状況についてアンケート結果を交えて紹介しています。また国や市の支援事業、市内の共同利用型サテライトオフィスのレポートといったトピックスを盛り込みました。

イラストや図を使ってわかりやすく表現

別紙インタビュー

製作した市雇用労働課によると、発刊の背景にあるのは、働き方に関する相談や問い合わせの増加です。コロナ下において国や県、市はそれぞれ独自に施作を行なってきたものの、「どれを参考にすればいいかわからない」「インターネットの情報が正しいかどうか不安」という声が市に対して寄せられていました。

そこで、施策をわかりやすく紹介しつつ、市内の状況もわかるような新聞づくりを発案。文章だけでなくイラストや図も活用し、できるだけ見やすいよう工夫しました。「今後も市内のセミナーや相談事業も紹介しつつ、事業者・市民にとってヒントになるような紙面を作っていきたい」と担当者は話しています。

紙面は市雇用労働課で手に入るほか、茅ヶ崎市ホームページで閲覧することができます。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市/茅ヶ崎市役所

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-10

関連タグ

同じ特集の記事