featureBanner

〈茅ヶ崎出身〉劇団四季俳優・大鹿礼生さん 5月8日の茅ヶ崎公演『The Bridge〜歌の架け橋〜』出演候補の1人に

シェアする

このイベントは終了しました。

舞台『The Bridge』出演時の大鹿さん(後列左から3人目)撮影:荒井 健

茅ヶ崎出身の劇団四季俳優・大鹿礼生(らいき)さん(25)が、2021年5月8日(土)に茅ヶ崎市民文化会館で公演される『劇団四季 The Bridge〜歌の架け橋〜』の出演候補の1人に予定されています。地元公演に向け大鹿さんは、「お客様の心に何かが残るような芝居ができるよう、精一杯頑張りたい」と意気込んでいます。

大鹿礼生さん

小学生の時『ライオンキング』ヤングシンバ役で出演

3歳からヒップホップダンスを始め、子役として芸能活動をしていた大鹿さん。茅ヶ崎市立浜之郷小学校に通っていた時、劇団四季の舞台『ライオンキング』のヤングシンバ役のオーディションに挑戦。役を射止め、初めて劇団四季の公演に出演しました。
中学生になると芸能活動を辞め、高校、大学と進学。就職活動の際、夢が見つからず悩んでいたところに、子役時代の事務所から突然連絡があり、数年ぶりに舞台に立つことに。「やりたかったのは舞台。誰かを幸せにしたり、希望を与えられるように表現したい」と、俳優として芸能活動を再開しました。その後、オーディションを経て大学卒業と同時に劇団四季へ研究生として入団。翌年の2019年に、『リトルマーメイド』で四季の舞台に戻ってきたのです。
俳優として大切にしていることは、「貪欲に挑戦する気持ちと、常にやり切ること」ときっぱり。毎回妥協せず、感謝の気持ちを持って舞台に立っているそうです。

「表情や雰囲気、言葉に注目して観てほしい」

今回の公演作品『The Bridge』は、「困難なこの時代を乗り切る活力と、明日への架け橋になりたい」という劇団の思いが込められたオリジナルの新作ショウになります。後半、昭和の歴史三部作の一つ『ミュージカル南十字星』のセリフを朗誦する大鹿さんは、意味をしっかりと理解するため当時の時代背景を勉強し挑んだといいます。作品は、華やかな歌やダンス、詩で表現されていて、「その時々にがらっと変わる衣裳や俳優の表情、雰囲気、そして言葉の美しさにも注目してほしい」と話しています。

「茅ヶ崎里山公園が好き」

地元・茅ヶ崎で好きな場所は、「神奈川県立茅ヶ崎里山公園」。長いすべり台やレインボーフェスティバルでたくさんのお店を巡ったのを、今でも鮮明に覚えているといいます。新型コロナの影響でさまざまなお祭りが中止になっていることに心を痛めますが、「思い切り楽しめる時が必ず来ることを信じている」と力強く話してくれました。「茅ヶ崎の公演に出演できたら、地元に感謝を込めて精一杯頑張ります」

『劇団四季 The Bridge〜歌の架け橋〜』

 [公演日]2021年5月8日(土)

 [場所]茅ヶ崎市民文化会館大ホール

 [時間]開演午後6時30分(開場5時45分)

 [料金]3,300円〜9,900円(税込)

【この記事はタウンニュース茅ヶ崎版(2021年4月16日号掲載分を加筆・修正したものです】

#ちがすきトップページはこちら

開催日

2021年5月8日(土)

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎1丁目11番地1号

茅ヶ崎市民文化会館大ホール

問い合わせ

茅ヶ崎市民文化会館

電話

0467-85-1123

0467-85-1123

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-19

関連タグ

同じ特集の記事