横浜根岸・馬の博物館で「馬と五輪」の特別展<6月20日まで>

シェアする
西竹一選手とウラヌス号の飛越シーン

オリンピック・パラリンピックで実施される人馬に関係する競技や種目をテーマにした特別展示が、馬の博物館=中区根岸台=で開催されている。6月20日(日)まで。

馬術競技の歴史など

「馬術競技」をはじめ、馬具がルーツとなる体操種目別「あん馬」と「跳馬」、飛越障害競技が含まれる「近代五種競技」に焦点をあて、個人所有のものや貴重な資料が一堂に会する。馬術競技の歴史を紹介するほか、東京五輪を振り返り、当時のメダルや実際に競技で使用された競技制服、あん馬などを展示。馬術競技で「日本史上唯一の金メダリスト」である西竹一選手とウラヌス号のコーナーや東京 2020組織委員会のブースも併設される。

開館時間は午前11時から午後4時(入館は3時30分まで)。入館料は大人200円、小・中・高校生30円(毎週土曜は小・中・高校生無料)。月・火曜休館(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月27日(火)~5月11日(火)まで臨時休苑)。問い合わせは馬の博物館【電話】045・662・7581へ。

左から第18回(1964年)オリンピック東京大会男子体操種目別あん馬銀メダル(所蔵:鶴見修治氏)、同大会男子体操競技種目別跳馬金メダル(所蔵:宇和島市 協力:松田治廣氏)、同大会体操女子団体銅メダル(所蔵:日本体操協会)

大賞典障害飛越(障害馬術)競技制服 (所蔵:佐々信三氏)

関連記事はコチラ

開催日

2021年4月24日(土)~2021年6月20日(日)
開館時間は午前11時から午後4時(入館は3時30分まで)
月・火曜休館(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月27日(火)~5月11日(火)まで臨時休苑)

住所

神奈川県横浜市中区根岸台1-3 馬の博物館

費用

入館料は大人200円、小・中・高校生30円(毎週土曜は小・中・高校生無料)

問い合わせ

馬の博物館

電話

045-662-7581

045-662-7581

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-11

関連タグ