featureBanner

<登山レポ>ヤビツ峠から大山へ登ってみた!意外と知らない?初心者向け“穴場ルート”で秦野・丹沢登山の山旅へ

シェアする
ヤビツ峠から出発!大山登山に挑戦してきました

2021年3月にオープンした「ヤビツ峠レストハウス」。丹沢を訪れるたくさんの登山者やサイクリストたちの新たな拠点として、オープンから1か月で約2,000人が利用し、賑わいを見せています。

そんなヤビツ峠レストハウスを拠点に丹沢の魅力を余すところなく楽しんでもらおうと、秦野市はさまざまなアウトドアアクテビティを企画。今回はその第一弾となる『福島和可菜さん・立石純子さんと行く大山登山』に参加して“秦野山旅”を満喫してきました!

福島和可菜さん・立石純子さんといざ大山へ

今回の山旅は、ヤビツ峠レストハウスから出発。大山山頂(標高1251.7m)まで続く「イタツミ尾根」と呼ばれる登山道を、山頂まで登って下ります。

  • 山頂までの標準コースタイムは上りで1時間20分と初心者向け。途中には鎖場があるものの、要所には道標もしっかりあって道迷いの危険性も少なく、登山未経験者でもチャレンジしやすい大山登山ルート。大山登山へは阿夫利神社下社から登る人が多いので、意外と「登ったことがなかった」という人も多い穴場コースです。

アウトドア番組などで活躍中の福島和可菜さん(左)と立石純子さん

今回登山に同行してくれたのはこちらの二人です。

  • 福島和可菜さん NHKなどをはじめ、テレビやラジオなど多数の番組に出演中。元陸上自衛官という抜群の体力の持ち主でなんとフルマラソンで3度もサブ3(2時間台)を達成しているアスリートでもある。トレイルラン・登山の経験も豊富。
  • 立石純子さん 秦野市出身。シンガーソングライターとして素敵な歌声でファンを魅了する一方、釣りガールや旅ガールなど、アウトドアでも幅広く活躍中。2019年には「はだのブランドアンバサダー」に就任し、秦野の魅力や情報を発信中。

当日は、事前に申し込みをした秦野市内外から19名の参加者が集まりました。「登山を始めてみたかったので応募しました」と真新しい登山靴で参加してくれた初心者ファミリーから、百名山を制覇したベテランハイカーまで参加者の登山経験はさまざま。

ヤビツ峠を出発

10時半頃。2グループに分かれてヤビツ峠を出発

新緑もまぶしい広場で、立石さんと一緒に「レッツゴー」。「どんな山旅になるんだろう」というワクワク感からか、みんな「イイ顔」していますね。

トレイルランや登山の経験も豊富な福島さんがリーダーを務めます

福島さんは疲れにくい足の運び方や滑りにくい歩き方、落石に対する注意、急傾斜の上り方など。山歩きの知識を歩きながら教えてくれます。レクチャーしながら息も乱れず登り続ける福島さん、スゴイ…!

  • 途中でちょっと休憩。福島さんと立石さんから参加者におやつが配られました。おやつを食べながら、みんなで自己紹介タイム。参加者同士の距離感が“ググっと”縮みます。

「丹沢登山ようかん」((有)北原堂製菓)などが手渡された

疲れた体に染み渡る甘いようかんやクッキー、汗で失った塩分を補う梅の飴など、登山にピッタリのスイーツが揃っていてびっくり。美味しくいただいたら、元気復活!

注意しながら慎重に手足を運んで安全にクリア。

鎖場が一箇所あり、急な登りも所々現れますが、それもまた山歩きの醍醐味。グループで乗り越える一体感もまた楽しいですね。

途中のビュースポットで小休止

  • 晴天に恵まれ、遠くに表丹沢の主稜線が見渡せます。「あそこが塔ノ岳だよ。ほら尊仏山荘が小さく見える」「今度はあっちの表尾根に行ってみようか」と秦野の山々に思いを馳せます。

大山登頂へ

だんだんと大山の山頂が近くなり、参加者たちの心もだいぶ近づいてきました!

会話を楽しみながら歩いていたら、大山阿夫利神社からの登山道との合流地点までやってきました。ここまで来たら残り300mとあと少し!でもこの先には、最後の難関とも言える急な登りが待っていました。ガンバ!

大山登頂記念写真

  • そしていよいよ山頂へ。皆元気に登頂を果たせて最高の笑顔。1251.7mの頂で、チーム揃ってハイ、ポーズ。「今日は来て良かった!」。

再びヤビツ峠まで下山

ランチタイムは各自で持参したお弁当を広げてパクパク。山頂で、しかも晴れた日にいただくご飯は美味しい~!登って疲れた体に染み渡ります。風は爽やかで、うたた寝したくなるほどの心地良さ。一休みしたら下山開始です。

15時頃。途中アクシデントもなく、全員笑顔で元気に下山しました。

登山道にもたくさんクロモジが。爽やかな香りのクロモジ茶とともに絶品ロールケーキを堪能

下山後に待っていたのは、スイーツタイム。ヤビツ峠レストハウス手作りの「クロモジ茶」「抹茶とあんこのロールケーキ」。疲れがスーッと抜けました。最後は皆で記念写真を撮って帰りました。

登山後記

  • 参加者(1)「大山には何度も登っていますが、このコースは初めて。登りやすく絶景ポイントもあり、とても面白いコースで気に入りました」
  • 参加者(2)「私のような初心者でも比較的楽に登ることができました。ヤビツ峠までのアクセスも良く、1時間ちょっとで大山山頂へ行けるのはとても魅力的だと感じました」
  • 福島さん「このヤビツ峠コースはバラエティに富んでいて、初心者から経験者の方まで楽しめます。今日はたくさんの方たちと一緒に充実した一日を過ごすことができて、私も楽しめました」
  • 立石さん「歩きながら皆さんが交流を図り、楽しんでいただけうれしいです。秦野市出身なので、改めて地元の山に皆さんと来られたことは、私自身も楽しい経験でした」。

「ヤビツ峠レストハウス」では、現在、登山のほか、演奏会や森林セラピー体験ツアーなど、様々なイベントを企画中です。イベント情報は以下のページで随時公開されますので、ヤビツ峠レストハウスfacebookや秦野市HPを要チェック!

ヤビツ峠レストハウスfacebook をチェック

秦野市ホームページ をチェック

秦野山旅ページ

住所

神奈川県秦野市/ヤビツ峠レストハウス

公開日:2021-05-28

関連タグ

同じ特集の記事