【密着レポ】ほぼ合成なしの一発撮り!働く人をユニフォームで応援する会社が”劇的写真”に挑戦してみた

シェアする
画面から飛び出しそうな劇的写真!

放水作業を行う消防士やシャベルで石を撒く工事現場の作業員、勢いよく荷物を運ぶ配達員、真剣な眼差しで鍋を振るうシェフー。

様々な職業の人がイキイキと働く一瞬の姿を切り取った、求人広告誌の表紙写真のようなこの1枚。実はプロのモデルではなく、横浜市中区にあるユニフォームの会社「ダイイチ」で働く社員さんたちによる集合写真!しかも、ほぼ合成なしの一発撮り!!というから驚きです。

ユニフォームを扱う会社がなぜ?こんな面白い写真、どうやって撮影したの?!

気になるこの撮影会の様子を、記者が密着レポートしました(取材日/2021年6月7日)

「ユニフォームの魅力を伝えたい」

撮影でシェフに扮したダイイチの花本社長とカメラマンの杉山さん

カメラマンは写真家の杉山雅彦さん。静岡県でフォトスタジオを主宰し、飲食、医療、建築、製造まで、様々な業種で働く人たちを撮影してきた人物です。合成をなるべくせず、実際に演じてもらい、劇的な瞬間を撮る作品がまるで日本アニメーションの一場面のようなことから「ジャパニメーションフォト」と名付け、インパクトのある写真を撮り続けています。

ダイイチでは、自社製品であるユニフォームの魅力を視覚化したいと考えていて、その中で「働く人たちをヒーローのように見せてくれる杉山さんの作品を見て、一目でこれだと思った」と花本社長は話します。

ちなみに杉山さんの撮った写真をホームページやチラシ、ポスターなどに使った会社では「職場が楽しそう!」と求人応募数が5倍に増えたこともあるそう。

撮影会スタート!

撮影は〝横浜の企業″をイメージしたみなとみらいの景色を背景にできる場所、結婚式場「グランドオリエンタルみなとみらい」の屋上で行われました。準備途中に雨がぱらついたのでドキドキしましたが、撮影が始まった午後からは青空に。杉山さんの写真は色の修正をしないので、自然の青空も重要な舞台セットの一つなんです。

「みなさんの演技力にかかっています。自分がヒーローになったつもりで楽しんで下さい!」と杉山さんが挨拶。続いて花本社長も「今日は恥ずかしさを取り払って撮影に挑みましょう!!」と力強く宣言。皆さん初めての体験に不安と期待が入り混じるなか、撮影がスタートしました。

撮影に使うストロボはなんと30台!!

大量のフラッシュを使うことで、「非現実感」や「働く人のキラキラ感」がでるそうです。

事前に決めるのは撮影場所と、「働く人をヒーローっぽく撮りたい」「ユニフォームを着て働く人の周りでダイイチの社員が応援する感じで」という企業イメージにあわせたコンセプトだけ。あとは現場で作り上げていくのが〝劇場型写真″の極意。アドリブも大歓迎!とはいえ、全員素人なので、立ち位置やポーズ、目線など、杉山さん自ら演技指導していきます。

まずは働く人たちチームから

ユニフォームを着た前列の9人から調整していきます。

「ホースをこんな感じで持って」。ダイイチでは消防関連の制服も手がけているそう

「ジャンプできる?」時には杉山さんが実演

「か、、身体がイタイ(泣)」たまに無理のあるポーズのリクエストも

どの方もかなり似合っています。そしてなりきってる(笑)

着ると途端にその職業の人に見えてしまうユニフォームの力って、やっぱりすごい!

花本社長も率先してアイデア出しに加わります。撮影会はこの「みんなで作り上げていく一体感」も魅力の一つ。学生時代の文化祭のノリに近いかも。

ダイイチ社員チームも加わる

前列の働く人たちチームのポーズが決まり、何度かリハーサル撮影を行った後に、後列のダイイチ社員チームが加わります。

「メジャーを頭に巻いて、残念な顔(←?!)して!」

笑顔が絶えない撮影現場

「こんな布はどうですか?」自前の小道具も劇的写真のポイントに!

布を掲げるタイミングを入念にチェック

現場のテンションを上げるため、90年代のJポップなど、アップテンポでノリノリの曲がBGMに。「表情ハデに、めっちゃ笑って!」「そのホースの水の出方、サイコー!!」。現場の雰囲気を和ませたり、笑わせたり、演者のテンションを上げたり…劇場型と言われるだけあって、まるで映画監督のよう。杉山さん自身が誰よりも楽しみ、社員と一緒にこの写真を作り上げていくという姿勢が見えました。

いよいよ撮影本番!!奇跡の1枚を求めて

既にこの時点で、開始から2時間近くが経過。炎天下の中の撮影なので皆さんの体力が心配ですが、実はここからが本番です。

「いきますよ~!!1、2、3、パッ!!」

バシャ!!ガシャン!!!

撮影に参加していない社員も、裏方として活躍。1回撮影するごとに飛び散るフライパンの中身やハンガー、石などを拾い集めていました。

「お〜今のはいい感じだったのでは?」と思っても、ものを飛ばしたり、ジャンプをしたり…。総勢約30人のタイミングをピタッと合わせるのはなかなか難しい!撮影の様子を見ながら小道具などを追加し、よりよい1枚が撮れるように、微調整を加えていきます。

休憩中は交流タイム

「この表情いいね!」「もうちょっと腕を上げた方がいいかも」。休憩の前になるとモニターに続々と人が集まってきます。

休憩時間も和気あいあい

みなさん、総務課やレンタル部門、倉庫など普段は別々の部署にいる社員たちだそう。久々に会う同僚との会話を楽しんだり、初めましての挨拶もあり、社員交流の場になっていました。

社員の思い出になる

 

 

今回参加したのは、20代から60代まで年齢も部署も様々でしたが、同じ目的に向かって頑張る同志として、社員の一体感が生まれていました。これは一生の思い出になりそうですね!

やるならとことん楽しむ!

企業カラーであるピンク色の「ダイイチ」Tシャツを身につけた役員のみなさん

最高齢で参加した佐藤忠志さん(写真右)は「いや〜長時間で大変だったけどね、社員みんなと撮影できて、すごく楽しかったですよ」

なりきるのが一番!

警備員と板前のユニフォームがとっても似合っていますね!

働くってかっこいい!ユニフォームで輝く写真を1枚に

こうして苦労の末、出来上がったのが、冒頭の写真です。どうですか?ユニフォームに身をまとった一人ひとりが生き生きと輝く写真。レポートを読んでから見ると、また面白いですよね。ダイイチのユニフォームにかける情熱まで、ビシバシと伝わってくるようです。

最後に全員で記念写真

3時間に及ぶ撮影も無事終了!「炎天下のなか、本当にお疲れ様でした!」と杉山さん。撮影会の高揚感と疲れを吹き飛ばすほどの達成感で、みんなの笑顔が輝いていました。

 

ダイイチのユニフォームにかける情熱はこちらをクリック

杉山さんの「はたらく人たち」の写真作品はこちらをクリック

住所

神奈川県横浜市中区宮川町 3-89

問い合わせ

株式会社ダイイチ

電話

045-241-8911

045-241-8911

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-19

関連タグ