【秦野市】宮永岳彦記念美術館 20周年の新企画展 多彩な作品がずらり

シェアする
ファルーカ(1969年)

宮永岳彦記念美術館(秦野市鶴巻北3の1の2)常設展示室

新企画展「宮永岳彦 こころと感性の辿った道」が開催

宮永岳彦記念美術館が今年で開館20周年を迎えることを記念し開催される企画展。宮永氏が生涯こだわり、クライアントの思惑から解放され自由に描いた油彩画をクローズアップした作品が並びます。 担当者は「1人の画家の物とは思えないほど多彩な作品が集まり、様々に変化する宮永芸術を堪能することができます。ぜひお越しいただければ」と話しています。

会期は2022年1月30日(日)まで(月曜休館)、午前10時から午後7時。観覧料300円。

問い合わせ~秦野市文化振興課【電話】0463-86-6309

開催日

会期は2022年1月30日(日)まで
月曜休館
午前10時から午後7時まで

住所

神奈川県秦野市鶴巻北3の1の2 宮永岳彦記念美術館

費用

観覧料300円

問い合わせ

秦野市文化振興課

電話

0463-86-6309

0463-86-6309

公開日:2021-07-15

関連タグ