「福祉車両の購入助成の活用を」パチンコ・パチスロの神奈川県内における遊技業界の社会貢献活動を知っていますか?

シェアする
寄贈された福祉車両

 神奈川福祉事業協会1985年に設立して以来36年間、社会貢献活動の一環として続けてきた福祉車両の贈呈。同事業を広く県民へ周知を図るため、2008年からは神奈川県内において社会福祉法人が運営する社会福祉施設・財団法人などへ公募による福祉車両購入費助成希望を募り、寄贈台数はこれまでに延べ292台、助成総額は8億4300万円超に及びます。

  • 2019年度は児童福祉施設障害福祉施設老人福祉施設7台が寄贈されました。寄贈先からの声を一部紹介します。

公益財団法人 横浜市知的障害者育成会 チャレンジフィールド

清水龍男 理事長

「今までは全員が車に乗り切れないため、そろって作業に出かけられないこともありました。乗車できない利用者は指導員と地下鉄に乗って作業場に出かけるなど不便な思いをさせました。今回移動が快適になり、一同大変喜んでいます。今後は、車輛の活用を通じ、社会にお返しをしていく所存です」

チャレンジフィールドには日産NV350キャラバン

社会福祉法人 アトリエ 一から百まで堂

磯部伸之 理事長

「活動の中で障害のあるメンバーの生き生きした笑顔や姿を地域に届けて、暖かな気持ちの広がりに尽力します。人々は、不安から特定の業種や団体に偏見も含めた批判に向かうことがあるようです。頂いた車両とともに、社会の多くの方に遊び心やゆとりを届けます」

アトリエには日産セレナ車椅子仕様

応募について

  • 神奈川県内において社会福祉事業を行う、社会福祉法人・財団法人などが運営する施設・団体が対象
  • 助成金額は、申請者が希望される市販の福祉車両1台分の購入金額から自己資金を除いた金額で、500万円が限度となります。
  • 福祉車両助成申請書」に申請内容を記載のうえ、神奈川福祉事業協会事務局宛(〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-6-10神奈川県遊技場協同組合会館7F)に郵送(福祉車両購入の見積書の写しも同封)して下さい。
  • そのほか応募についての詳細、必要書類などのダウンロードは以下から、またはホームページから確認ができます。

応募申請書類一式(Word版)ダウンロードはコチラ

 「以前使用していた車両が壊れてしまったが、資金的に買い替えが難しい」「地域への配食や利用者の快適な送迎に役立てたい」「利用者・介護者のためにも乗り降りをスムーズにしたい」といった悩みを持つ施設・団体は活用してみてはいかがでしょうか。

住所

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-6-10神奈川県遊技場協同組合会館7F

問い合わせ

神奈川福祉事業協会 事務局

電話

045-322-2012

045-322-2012

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-11

関連タグ