横須賀市田浦泉町アートで「谷戸再生」入居芸術家を大募集!

シェアする
山に囲まれた敷地内には穴窯も

横須賀市は田浦泉町にある谷戸コミュニティ「アーティスト村」の新たな入居芸術家を募集している。2018年に始まった事業で、旧市営住宅を改修し、創作活動と芸術を通した地域交流の拠点として、現在は2人の芸術家(土器作家・薬王寺太一さん/美術家・山本愛子さん)が居住。漫画家・小説家の折原みとさんも、横須賀を舞台にした作品の創作拠点にしている。敷地内には薪窯(穴窯)や野焼き場もあり、近隣住民を対象にしたした陶芸や染色の体験も行われている。

 市は今年、この場所を「YOKOSUKA ART VALLEY HIRAKU(ひらく)」と名付けており、横須賀の谷戸の魅力発信に力を入れている。今回は、生活と創造の場として発信する芸術家を全国から募集。主に造形の分野で活動する20歳以上の人で、3年以上の居住が条件。地元

の自治会への加入や活動への参加、自身の専門分野を活かした地域でのワークショップ実施なども求めている。居室はリフォーム済みで使用料は月額1万3千円程度。応募には活動略歴や作品資料、地域活動の内容などの提示が必要で、9月15日㈬から30日㈭までに提出。市では現地見学会も行う。アーティスト村の詳細はhttps://www.wakuwaku-yokosuka.jp/hiraku.php

 問い合わせは、市まちなみ景観課 046-822-9855

開催日

2021年9月15日(水)~2021年9月30日(木)

住所

神奈川県横須賀市田浦泉町谷戸コミニュティ

問い合わせ

横須賀市まちなみ景観課

電話

046-822-9855

046-822-9855

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-18

関連タグ