「戦争」について地元で学ぶ 夏休みの自由研究に@横浜市港南区

シェアする
戦没者の遺品などを展示=かながわ平和祈念館

 終戦から76年が経過―。戦争体験者の高齢化が進み、語り部も少なくなってきた。戦争を知らない次世代にどのように伝えていくのか。港南区で「戦争」などについて学べる施設を取材した。

かながわ平和祈念館(港南区大久保)

 上大岡駅から歩いていくことのできるかながわ平和祈念館(港南区大久保1丁目8の10)は、戦後50年の節目にあたり従来の神奈川県戦没者慰霊堂附属会館を建替え、整備された施設だ。

 戦争体験を風化させず次世代に伝えるため、遺品展示ホールや戦争体験談中心の図書などの閲覧が可能。ホール内には戦没者の遺品やその「いわれ」、母にあてた遺言書、硫黄島で発見された鉄かぶとの破片、写真など200余点が展示されている。また、語り継ぐ戦争体験という手記の中には「愚かな人間の殺人ゲームだ」「爆弾抱えて体当たりの訓練」などタイトルだけで戦争の凄惨さが伝わってくる。さらに、「戦争の不条理さ」を映像で観ることができるビデオルームもある。展示ホールは午前9時から午後4時半。

神奈川県戦没者慰霊堂(港南区最戸)

 祈念館から歩いて数分の場所に神奈川県戦没者慰霊堂(港南区最戸)もあり、見晴らしの良い高台からはみなとみらいや上大岡が一望できる。

戦没者慰霊堂

住所

神奈川県横浜市港南区大久保1丁目8の10

上記は「かながわ平和祈念館」

公開日:2021-08-22

関連タグ