横浜市民ギャラリーで「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」日常を意識するきっかけに 田代一倫さん、百瀬文さんの作品展示

シェアする
写真はイメージです

横浜市民ギャラリー=西区宮崎町=で「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」が開催される。

同展は、同館が開館した1964年から40年にわたり開催した「今日の作家展」を継承した展覧会で同時代の表現を多角的に取り上げ、幅広い世代の作家の作品を通じて現代美術を考察する内容となっている。

今年は「日常の輪郭」を副題とし、国内外でも活躍する田代一倫さんと百瀬文さんを紹介し、作品を通じて繰り返される日常を改めて意識することができる。

同館は見どころを「2名の作家の写真と映像による豊かな表現」と説明している。

開催日時は9月18日から10月10日の午前10時から午後6時まで(入場は5時半)。ただし、9月20日は休館。入場無料。

問い合わせは、同館【電話】045・315・2828。

開催日

2021年9月18日(土)~2021年10月10日(日)
午前10時から午後6時まで(入場は5時半)
9月20日は休館

住所

神奈川県横浜市西区宮崎町26番地1  横浜市民ギャラリー

費用

入場無料

問い合わせ

横浜市民ギャラリー

電話

045-315-2828

045-315-2828

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-31

関連タグ