【小田原・松永記念館】特別展「お茶をする、遊ぶ、生活する-耳庵が愛した記念館-」開催中!

シェアする
同展の写真(一般財団法人 日本カメラ財団所蔵)

2019年に設立60周年を迎えた松永記念館(小田原市板橋941の1)では11月7日(日)まで、特別展「お茶をする、遊ぶ、生活する―耳庵が愛した記念館―」を開催している。

今日の電力体制を創り上げた松永安左ヱ門(1875―1971)は、茶人「耳庵」としても知られており、その姿に魅了された写真家・杉山吉良(1910―1988)は1960年頃から8年間にわたり耳庵を撮り続けた。

同展は杉山の写真が中心の展示で「当時の様子を写真と文章でイメージしやすいように意識した」と同館の学芸員・中村暢子さん。「渋くて色気のある松永さんの素顔が見られる。こんなおじいさんがいたんだと思ってもらえたら」と話した。

同展は2020年に開催したが、新型コロナの感染拡大を受け10日間で中止となっていた。

観覧料は一般が500円。特別展のパンフレットは800円で販売中。問い合わせは同館【電話】0465・22・3635。

開催日

2021年8月28日(土)~2021年11月7日(日)
開館時間:午前10時~午後4時(受付3時30分まで)

住所

神奈川県小田原市松永記念館

費用

観覧料:一般500円/パンフレット:800円

問い合わせ

松永記念館

電話

0465-22-3635

0465-22-3635

公開日:2021-09-11

関連タグ