第7回植物観察会”秋めく小松が池へ”『三浦半島草花歳時記』著者・金子昇さんと散策9月27日

シェアする

このイベントは終了しました。

タウンニュース三浦版・2021年9月10日号

日本自然保護協会自然観察指導員の金子昇さん=タウンニュース三浦版連載『三浦半島草花歳時記』著者=(尾上町在住)が講師を務める植物観察会が、9月27日㈪に行われる。雨天時は翌28日㈫、以降中止。

 人気の植物観察会の第7弾は、「秋の小松が池周辺散策」。三崎口駅前で午前10時に集合後、沓形公園を経て小松が池へ向かう約2㎞の行程。秋の花や水生植物、陽樹と陰樹の特徴などを金子さんが紹介する。解散は正午を予定。

 参加費200円(資料代・保険代等含む)。各自、マスク着用など感染症対策を徹底した上で参加し、ルーペまたは虫眼鏡がある人は持参する。

 定員は先着15人。申込みは、金子さん080・3028・9196、または氏名・住所・電話番号を記して、kaneko-n@athena.ocn.ne.jpへ。9月21日㈪締め切り。

 問い合わせ先も前述と同じ。

開催日

2021年9月27日(月)

住所

神奈川県三浦市小松が池

費用

参加費:200円(資料代・保険代等含む)

問い合わせ

金子さん

電話

080-3028-9196

080-3028-9196

メールアドレス

kaneko-n@athena.ocn.ne.jp

公開日:2021-09-16

関連タグ