区制40周年へ 活動促進 麻生区町会連合会【2021年8月13日号】

シェアする
総会で挨拶する宮野会長

 区内107の町会・自治会が加入する「麻生区町会連合会」。今年度から就任した宮野敏男会長に、町連や町会・自治会の魅力について聞いた。「入ってみるとおもしろいし、新しい活動の場が広がる。区制40周年に向けて活動を促進していきたい」と抱負を語る。

 麻生区が誕生した1982年に発足した町連。区民の連帯意識を高め、安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、各町会・自治会相互の情報交換、行政や関係団体との連絡調整、研修会の開催など町会・自治会の円滑な運営の推進や区・市政が抱える課題解決に取り組んでいる。

 特に力を入れているのが、新任会長の研修会。各町会、自治会の会長の約5割が1年で交代する現状がある。「前任から引き継いでも、何をしていいかわからない方が多いと思うので、町連でフォローしています」と宮野会長。同研修会を行っているのは麻生区だけで、市の取り組みや道路工事の状況、個人情報の取り扱い等を学ぶ研修会も人気があるという。

 麻生区の町会・自治会加入率は62・1%(今年4月1日時点)と市内では2番目に高い。「地域の声をまとめて行政へ届けるのが町会や自治会。組織として動くため、災害時などの対応がスムーズ」とその役割を語る。

 共助・公助のためにも「近隣との関係性の希薄化、高齢化が進む今、顔が見る関係づくりが大切」とその重要性を説く。宮野会長自身、リタイアするまで町会・自治会とは縁がなかった。「誘われて入ったら面白かった。まだ町会はアナログな所があるので、これまでの経験を活かして力を発揮してほしい。新しい活動の場が広がるはず。興味があるものから始めてみては」と活動の魅力を話し、参加を呼び掛ける。

 来年区制40周年を迎える麻生区。町連も40周年を迎える。「Zoomなど新しいことも取り入れ始めている。若い人の力も借りながら町連の活動も促進していきたい。来年の40周年を皆さんで盛り上げていきましょう」

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市麻生区

問い合わせ

麻生区役所地域振興課

電話

044-965-5113

044-965-5113

公開日:2021-09-01

関連タグ

同じ特集の記事