横浜市港北区の坂本薬局は創業55周年!地域密着の相談薬局に「後鼻漏」の話を聞いてみた/大倉山・妙蓮寺(菊名)

シェアする
大倉山の坂本薬局

大倉山駅から徒歩2分。処方箋受付はもちろん、長年にわたる漢方相談・健康相談で地域住民の健康をサポートしてきた「坂本薬局」は、2021年10月で創業55周年を迎えました。

そんな坂本薬局では最近、鼻水が喉に流れる「後鼻漏」についての相談が多いそう。同薬局管理薬剤師で(有)サカモトの坂本社長に、後鼻漏について教えてもらいつつ、55年の歴史を振り返ってもらいました。

  • 「創業当時から自然治癒力に注目?」「創業者のお兄さんは坂本九さんって本当?」などなど、気になるお話満載です!

坂本薬局を営む坂本社長

「鼻水が喉から垂れてくる」その症状は…

鼻水が喉に流れてくる症状は「後鼻漏」という症状で、「風邪やアレルギー性鼻炎による鼻水が引き金となるケースが多いのです」と坂本社長。

  • 咳や痰が続き、よく眠れない
  • 鼻をかんでも出ないのに喉に垂れてくる
  • 喉奥に鼻水がへばりついている感じがする
  • においを感じない

などの症状があったら後鼻漏かもしれません。

坂本社長によると、原因としては身体の芯の冷えである場合が多いそう。まずは耳鼻科に相談してからの来店がお勧めですが、同店では後鼻漏の症状を緩和させる漢方薬なども扱っているため、気軽に相談できそうです。

創業当時から自然治癒力を生かした健康づくりをサポート

そんな坂本薬局の歴史が始まったのは今から55年前。日本で初の東京五輪後、いざなぎ景気でカラーテレビ・自動車・クーラーが「三種の神器」となった時代です。先代である坂本社長の父、坂本五(いつつ)氏が同薬局の前身である「サカモト薬局」を横浜市西区の伊勢町に開業しました。

先代の坂本五氏

港北区への移転時には、坂本九氏もお祝いに

実は、日本を代表する昭和の大スター、坂本九氏と兄弟でもあった五氏。薬局を港北区に移転した際には、坂本九氏もお祝いに駆け付けたそう。

五氏(右)と兄の坂本九氏(左)

そして、五氏が創業当時から大切にしてきたのが、「人間が本来持つ、自然治癒力を生かした健康づくり」でした。

百の治療より一つの予防

五氏が掲げていたテーマは「百の治療より一つの予防」。病気になってから治療するより、病気になる前、つまり日頃から病気になりにくく、病気になっても治りやすい身体づくりを目指そうと、漢方相談や健康相談を通じて健康サポートを行ってきました。

そして、それは現在の坂本薬局も同じ。頼れるまちの相談薬局として、今も先代の思いが引き継がれています。

大倉山駅そばの坂本薬局のほか、大倉山3丁目の坂本調剤薬局(写真左)、坂本薬局妙蓮寺店(写真右)があります

住所

神奈川県横浜市港北区大倉山1-16-1

坂本薬局/横浜市港北区大倉山1-16-1 ◎東急東横線大倉山駅より徒歩2分
坂本調剤薬局/横浜市港北区大倉山3-6-11  ◎東急東横線大倉山駅より徒歩2分
坂本薬局妙蓮寺店/横浜市港北区菊名1-2-4 ◎東急東横線妙蓮寺駅より徒歩1分

問い合わせ

大倉山 坂本薬局

電話

045-543-0303

045-543-0303

(休)木曜・日曜・祝日
(営)月曜・火曜・水曜・金曜 9:00~19:00
       土曜      9:00~16:00

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-29

関連タグ