【取材レポート】遊んで学ぶ、英語が自然と身に付く学童保育@川崎市川崎区・幸区で6教室展開!

シェアする
ネイティブの講師が子どもたちが楽しみながら学べる環境をサポート

川崎市川崎区・幸区を中心に6教室を展開する英語学童保育「トレスターインターナショナルスクール」。放課後の居場所として子どもを預けながらも、ネイティブの先生によるアートやサイエンスなどさまざまなプログラムや遊びを通して自然と英語を身に付けられる学童保育です。

  • 子どもたちの教室での過ごし方や、実際に通う子どもたちに話しを聞いてみました。

英語での質問にも積極的に手をあげて答える子どもたち

「イヤイヤ」じゃなく、「遊び」で学ぶ

「やらされる」学校での勉強や塾は子どもたちにとって、苦痛になることも多いですよね。苦手意識を持つ前に、生活の一部として自然と英語に触れることで「英語が第二の母国語」に。

トレスターでの生活は、ネイティブの講師陣を中心に日本人スタッフも常駐。基本的に英語で生活しますが、子どもたちの困りごとにしっかり寄り添ってもらえます。アートやサイエンスといったプログラムが多数用意されていることはもちろんですが、子どもたち同士も英語を使いながら遊び、自然と英語が身に付いていきます。

  • トレスター担当者によると「楽しむことが、英語習得への近道」とのこと。

この日はハロウィンに合わせ「マミー(ミイラ)」のクラフトを作製。子どもたちは英語での指示も理解し、サクサク作り上げます

ネイティブの先生だからこそ、本物の英語が身に付く

ネイティブ講師のZoltan(ゾルタン)先生は「子どもたちの安全が第一。楽しみながら学べるように、困りごとに耳を傾けながら接しています。子どもがうれしいと私もうれしい!」と、記者にも分かりやすく、ゆっくりやさしい英語で答えてくれました。

学校の授業だけではなかなか身に付かない「L」や「R」の発音も、子どものころから本物の英語に触れることで「当たり前」に。教室内には子どもたちの流暢な発音が飛び交っていました。

笑顔が優しいZoltan(ゾルタン)先生。子どもたちからも「ゾルタン聞いて、見て」とひっきりなしにお声がかかります

学校の宿題もサポート、長時間の預かり対応で安心

  • 実際にトレスターに通う保護者からは

◆日本人スタッフもいて安心。預けながら英語も学べるので一石二鳥
◆長時間の対応もしてもらえる。夏休みなども楽しく通ってくれるのでありがたい
◆英語だけでなく、サイエンスやアートなど多様なプログラムが◎

  • 子どもたちからも

◆友だちと一緒に遊べてたのしい
◆英検4級とったんだ!
◆英語ではなせるようになった

と、自慢げに話す声が聞かれました。記者にも英語で自己紹介してくれ、英語を話す抵抗感のようなものは一切感じられませんでした。

教室には子どもたちが作った作品が飾られています

万全なサポート体制で迎えてくれるトレスターは、放課後の子どもの居場所として安心。その上、遊びながら自然と英語を身に付けられる教室でした。小学校での英語学習もはじまった今、学童保育の選択肢の1つに入れてみては。

住所

神奈川県川崎市川崎市川崎区駅前本町22-9 城南川崎ビル3階

川崎市内を中心に6教室を展開
京急川崎駅前校・矢向駅前校・川崎東口校・幸校・塚越校・鹿島田校

問い合わせ

英語でお預かりする学童保育「トレスターインターナショナル」

電話

044-280-7636

044-280-7636

問い合わせは京急川崎駅前校へ

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-11-05

関連タグ