featureBanner

産後の母親に向け発信! 茅ヶ崎の「ママほぐ」がポータルサイト立ち上げ

シェアする
ママほぐのメンバーら

母親らの居場所作りをしている市民団体「ママほぐ」(高村えり子代表)が、今年度の市民活動げんき基金補助事業の補助金を活用し「茅ヶ崎市の産後のお母さんのためのポータルサイト」を9月28日に立ち上げました。メンバーの高村代表、古知屋千恵子さん、赤池亜希子さん、中村麻紀さんを中心に運営しています。

特長は地域で活動する専門家のコラムなど、「信頼できる情報」にこだわったことです。

専門家のコラムも掲載されています

「茅ヶ崎の子育て情報を可視化したい」と市内の子育てサロンと助産院マップを載せているほか、市内外の母親らにアンケートを取り、核家族化や地域からの孤立など産後の母親が抱えている社会的な問題をデータで示しています。

実際のつながりを

また、コラムを掲載している講師と実際にイベントでも会うことができ、つながりを持つことができます。

高村さんは「子育ては地域全体で行うものだと知ってほしいです。母親同士はもちろん、地域の人や専門家とのつながりを生むサイトにし”孤”育てをなくしたいです」と話します。

問い合わせは、ホームページ内の「お問い合わせ・ご連絡」ページから送信を。

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

ママほぐ

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-11-04

関連タグ

同じ特集の記事