2021年で15年目、冬の風物詩ーイルミネーション点灯が始まる@八王子市南大沢:三徳プラザ

シェアする
三徳プラザ商店会のイルミネーション

 冬の風物詩、イルミネーションが八王子市内で始まった。南大沢は、駅前アーケードや商業施設、三徳プラザ商店会などが訪れる人を楽しませている。

 三徳プラザ商店会(細川政男会長)のイルミは今年15年目を迎える。装飾を担当するのは八王子南大沢五郵便局の山田大輔局長。装飾は、山田さんが現地視察した江の島サムエルコッキング苑をモチーフにしている。

2021年は、、、

 今年は回転式プロジェクターを1台増設し、4台に。店舗の軒先から垂らす「氷柱」の装飾も増やした。早速通行人から「昨年と変わった」と気が付く様子もあった。

周囲でも

 同商店会の取り組みは周囲へ影響を与えている。鑓水にある介護事業所、(株)ぷりまも山田さんに依頼し、一昨年からイルミネーションを行っている。

 以前は南大沢に事務所を構えており、同社の井上花久子会長は山田さんと友人の間柄。「センスが良かったのでうちにもやってほしいと声をかけて」と井上さん。「明るい気分をお届けしたいと思いました。品が良くご近所さんの評判も良いみたいです」とほほ笑む。

元気な街南大沢協力の会

 南大沢駅前では元気な街南大沢協力の会(新美大作会長=人物風土記で紹介)によるアーケードのイルミが9日から始まった。今年はプロジェクターで雪の結晶の映像を投影する。同会担当者は「コロナで大変な時期が続いているが、少しでも明るい気持ちになれば」と話す。

イルミネーション特集

住所

東京都八王子市南大沢5丁目14−7

公開日:2021-11-13

関連タグ

同じ特集の記事