<川崎市茶華道協会>1年間の活動成果を奉告、2025年には100周年に

シェアする
献茶・献花式の様子

 川崎市茶華道協会(伊藤紅華理事長)が11月9日、稲毛神社(川崎区)で献茶・献花式を開催。神前に1年間の成果を奉告し、さらなる発展や上達を祈願した。

 当日は同協会会員や来賓ら約30人が参列し、厳かな雰囲気の中執り行われた。あいにくの雨模様となったが、伊藤理事長は「雨音が活動を後押しする声援に聞こえた」と話し、2025年に迎える協会100周年に向け、「会員の力を合わせ、伝統文化を継承する取り組みを続けていく」と力を込めた。

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2021-11-22

関連タグ