<要事前申込>川崎市高津区でワークショップ「3D板紙コマ工作」

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 川崎市北部を拠点に活動する「川崎北少年少女発明クラブ」(明治大学理工学部教授・永井一清会長)は12月11日(土)、てくのかわさき特設会場(南武線「武蔵溝ノ口駅」徒歩5分)でワークショップ「3D板紙コマ工作」を開催する。午前10時〜午後3時。要予約。

 今回は、ひもで回す「3D板紙コマ」の工作と「ストロボ効果」を楽しむ内容。参加対象は、麻生、多摩、宮前、高津、各区の小学1年生から6年生。要保護者同伴。定員は35人。申込みはHP(https://kncic.wordpress.com/)から。材料費500円。締切は12月8日(水)。

 同クラブは、毎月講座を開催するほか、夏休みにはペットボトル水ロケットの製作と飛翔コンテストなどを実施。「第78回未来の科学の夢絵画コンクール」で特許庁長官・朝日新聞社賞を受賞している。
 問い合わせは同事務局・四方さん【携帯電話】090・4249・3603へ。

開催日

2021年12月11日(土)
午前10時〜午後3時

住所

神奈川県川崎市高津区溝口1-6-10 てくのかわさき

費用

500円

問い合わせ

川崎北少年少女発明クラブ事務局・四方さん

電話

090-4249-3603

090-4249-3603

公開日:2021-12-04

関連タグ