市へ要望書提出 鷺沼運動場土地利用など<川崎市全町連>【2021年10月8日号】

シェアする
福田市長に要望書を手渡す瀧村会長(中央)と持田副会長(右から2番目)ら=同連合会提供

 川崎市全町内会連合会(瀧村治雄会長)が9月28日、来年度の予算編成に対する要望書を福田紀彦市長に提出。毎年9月に市内の町内会自治会が全市、各区の要望を市長に提出している。

 宮前区(持田和夫区全町連会長)からの要望は【1】鷺沼駅前の再開発を契機とした宮前区全体の発展について【2】向丘出張所の機能向上や環境整備について【3】町内会・自治会活動の持続と活性化への対策について-の3件。【1】以外は新規要望。なお市連合会からは唯一、「鷺沼四丁目のグランドの土地利用について」を新規要望としてあげた。

 瀧村会長は「区だけで解決できる問題ではないので、市をあげて取り組んでもらいたい。粘り強く要望していきたい」と話した。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2021-10-08

関連タグ

同じ特集の記事