宮崎台小2年児童 宮崎町内会とイモ収穫 共同管理の畑で <宮崎町内会>【2021年12月3日号】

シェアする
協力し堀り進める児童ら

 宮崎台小学校(大野恵美校長)の2年生約140人が11月25日、宮崎町内会(都倉建藏会長=人物風土記で紹介)と共同管理する畑で、サツマイモの収穫体験を行った。

 当日はクラスごとに分かれて収穫を進めた。約30センチほどの大きなサツマイモも出現し、児童からは「とれた!」と歓声が上がった。

 サツマイモは今年6月に児童らによって植えられ、同町内会が水撒きや除草作業に取り組んだ。

 収穫したイモは今月8日に行われる「おいもパーティー」で児童や同町内会メンバーらに振舞われる。畑は6年前から学校と町内会が共同で管理している。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2021-12-03

関連タグ

同じ特集の記事