featureBanner

12月の野菜は【ブロッコリー】ブロッコリー茎炒飯+蟹あんかけ

シェアする

1房使い切り!ブロッコリー茎炒飯+蟹あんかけ

捨てがちな茎にも、食物繊維やビタミンCが含まれるので、美味しく調理♪乾燥しがちな季節には嬉しい『美肌効果』も期待できるので新鮮なうちに1房使い切りましょう!思春期のお肌トラブルもこれで解消&Let’s 育脳!

【材料】

・ブロッコリー……1房
・塩……ゆで汁の1%
・蟹のほぐし身……80g
・水……1cup
・片栗粉……大1(大2の水で溶く)
・生姜すりおろし……1片分
・塩……3つまみ(蟹の塩気を見て加減)

・ごはん……300g
・卵……1個
・塩……3つまみ
・長ねぎみじん切り……1/2本分
・ブロッコリーの茎……1房分
・油……大さじ1

【作り方】
1.ブロッコリーは茎と小房に分け、茎は硬いところを取り5mm角切り。
小房は塩茹でして冷水に取り色止めし、ザルに開ける。

2.鍋に水、蟹のほぐし身、生姜を加熱し、沸騰したら片栗粉でとろみをつける。
味見して塩で調味(塩気は好みに調節)

3.ボウルに卵を溶き、塩とご飯を加えてよく混ぜる。

4.フライパンに油、ねぎ、ブロッコリーの茎を入れて炒め、柔らかくなったら3を加えてパラパラに炒める。(塩は好みで調節)

5.器にそれぞれ盛り付け、小房には2の蟹あんをかける。
*蟹缶を使う場合は汁に水を加えて1Cupにする

【レシピ提供者】

12月の野菜は【ブロッコリー】

ブロッコリーは寒い季節になると、身が引き締まって美味しくなります。茎は太いものが良く、外側の皮をむいて短冊にしてゆでると美味しいです。ぜひマヨネーズやドレッシングで召し上がってください。今回は萩園の宮川務さんのブロッコリーです。

▼その他の月のレシピを見る

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

フードディレクター・栄養士 金丸 知奈

メールアドレス

china@canamar.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-23

関連タグ

同じ特集の記事