<長沢自治会> 歩いて防犯 フレイル予防【2022年1月28日号】

シェアする
テンポよく歩く教室での様子

 長沢自治会(齊藤英男会長)で1月20日、「必見!!認知症予防歩き方教室」と防犯パトロールが開催された。

 同会の老人会「歳歳会」には、年齢を重ね心体の動きが弱まるフレイル状態の人が多く見られる。コロナ下で外出機会が減ったこともあり、同自治会は対策の一つとして地域の中で仲間を作ってもらおうと、防犯パトロールを兼ねた歩き方教室を企画した。「笑って楽しく」がモットーの健康運動指導士・河野澄子さんを講師に迎え、自治会館で自分の体を知り運動強度を確認し、柔軟や一人でできる運動、歩き方などを、実際に体を動かしながら学んだ。

 教室後は、そのまま防犯パトロールとして、町会ベストを身に付け「交番だより」を配布しながら各自帰路についた。

 コロナの再拡大により人数を絞っての開催だったが、担当者は「思った以上の参加者があった。やはりみんな外に出たいという気持ちがある。早く収束すると良い」と希望を語った。

防犯パトロールがてら解散

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2022-01-28

関連タグ

同じ特集の記事