(株)ドクターズ・マン自社開発の「水素吸入機」が慶應大の研究で成果「水素の力でコロナから救いたい」

シェアする

慶應大医学部の研究で公表

慶應義塾大学医学部内科学教室(循環器)の研究グループが2022年1月14日、新型コロナウイルス感染症の症状に水素吸入療法が有効な選択肢となり得ると研究結果を公表しました。なお、この研究は科学研究費助成事業(科研費)などから助成されています。

慶應義塾大学医学部のプレスリリースはこちらから

この研究を支援、協力しているのが、青葉区美しが丘にある水素機器メーカー「株式会社ドクターズ・マン」です。元々、高濃度な水素水サーバーを研究開発し、全国のフィットネスクラブやクリニック、オフィス、店舗、工場のほか、プロスポーツの現場にも導入しているなど実績のある会社ですが、今回の研究には自社開発した水素吸入機「H2JI1」が使用されています。

画期的な発表「水素吸入療法」がコロナ治療の選択肢に

 

今回発表された研究結果を簡単に説明すると、白血球の一種「好中球」には、感染防御として働く自然免疫の「好中球細胞外トラップ」という機能があるのですが、過剰に生産されたり、うまく分解されないなど制御不全が起こると炎症性疾患、自己免疫疾患、血栓性疾患につながります。新型コロナウイルスにかかると、この「好中球細胞外トラップ」が顕著に形成されることが、重症化の要因になると考えられてきました。

この「好中球細胞外トラップ」ですが、水素が産出を抑制すると今回の研究で明らかになりました。実際にマイクロブタによる実験では、水素吸入療法によって肺における「好中球細胞外トラップ」の形成・放出が抑制されたことが確認されています。

  • 新型コロナウイルス感染症で発生する、急性呼吸窮迫症候群や肺の微小血栓形成などの重篤な症状に対して、改善させるための有効な選択肢となり得ることが確認された、本当に画期的な内容でした。

実は中国・武漢では効果確認済

新型コロナウイルスが流行した、中国・武漢では肺炎の治療に水素吸入が採用され、重症化予防に一定の効果があったことが報告されています。この研究成果は、どういった機序で効果があったのかを説明するもので、今後の治療に役立てられる大きな一歩です。

新型コロナ以外にも

水素の力について語る株式会社ドクターズ・マンの橋本代表取締役

「好中球細胞外トラップ」が関与しているのは新型コロナウイルスだけではありません。敗血症のほか、急性心筋梗塞や深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症、アステローム性動脈硬化症など、いくつかの心血管疾患の病因にも関与しています。今回の研究結果により、水素吸入療法はこれらの治療にも役立つ可能性があることが示唆されているということです。

これら結果を踏まえ、同社の橋本総代表取締役は

  • 「私たちが信じている『水素』の力が、科学的に証明されたもので、非常にうれしく思っています。新型コロナウイルスは今後も変異を繰り返し、重度、軽度の症状を発生させていくと考えられますが、『水素』によって重症化が避けられる可能性が明らかになったことは、非常に大きな発展だと思います。水素吸入の分野はまだまだ発展途上で、低品質、低効能の機材も溢れていますが、私たちの高品質、高効能、そして科学的な裏付けのある商品を広く広めることによって、医療に貢献をしていきたいと思っています」

と話しています。

水素吸入機 「H2JI1」

この研究で実際に使用された水素吸入機「H2JI1」は、電源と水さえあれば、高純度(99.999%+)の水素を発生させる能力があります。専用の吸入チューブを使用すると、先進医療で承認されている2%水素ガス投与と同等以上の血中水素濃度に高めることができると証明(※)されているなど、世の中に多く出回る水素吸入を売り物にした機器とは明確に一線を画すものです。

※慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート水素ガス治療開発センターのセンター長でもある佐野元昭氏との共同研究による。

ウエイトリフティング選手をサポート

ドクターズ・マン本社を訪れた安藤選手

女子ウエイトリフティングの選手で、全日本選手権優勝や世界選手権4位、東京五輪銅メダルなど数々の成績を残してきた安藤美希子選手。ハードな練習を続けている安藤選手を同社は健康面からサポートしています。

安藤選手のコンディションづくりに役立てられているのが、この水素吸入機「H2JI1」です。医師から自律神経の乱れを指摘され、睡眠もうまく取れていないなど悩みを持っていた安藤選手は、昨年から同機器を愛用。水素の吸入に関しては抗酸化や抗炎症に効果があると多くの論文でも報告されていますが、練習後や大会期間中、オフの日まで毎日使用し、体調維持に役立てています。

水素吸入機H2JI1はリース可能

水素吸入機「H2JI1」はクリニックや治療院でも導入可。実際に健康に意識の高い患者からの評判も上々です。導入は販売とリースの両方に対応し、リースの場合は月額3万3440円。使用は5万時間の高耐久で、日本製。メンテナンスも容易です。

同社内には水素吸入を体験できるラウンジも(有料)

ある治療院では施術中に水素吸入を1回500円で患者に提供し、月に70万円近い売上を上げているなど、新たな収益源としても注目されています。

導入に関する詳細、問い合わせは同社まで。

住所

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-5 リーフ美しが丘ビル2F

問い合わせ

株式会社ドクターズ・マン

電話

045-905-2330

045-905-2330

メールアドレス

info@doctorsman.com

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-02-09

関連タグ