【観桜スポット】保土ヶ谷区川島町 樹齢70年のしだれ桜 公開 3月20日頃から、ライトアップも

シェアする
ライトアップも予定されている(写真は以前)

 横浜市保土ヶ谷区川島町の農家・三村敦夫さん(77)宅の庭に植わっているしだれ桜が咲き始めた。例年、一般公開しており今春も3月20日頃から見学することができる予定だという。

 代々つづく農家の長男として生まれ育った自邸の庭には多種多彩な木々が茂っている。その中でもひと際の存在感を放つしだれ桜は、70年ほど前に父が旅先で購入した苗木を庭に植え、今では30mほどに成長。15年ほど前から花が咲き誇る3月末に毎年、「多くの人に楽しんでもらおう」と一般公開している。

ライトアップも

 夕刻にはライトアップされ、その幻想的な光景を収めようと遠方からカメラを手に訪れる人もいるほどの「知られざる桜の名所」だ。「この桜が人をつないでくれているように感じるんですよ」。自身と共に成長してきた巨木に対する三村さんの思いは強い。「こんな時期だから、桜の花を見て少しでも穏やかな気持ちになってもらえたら」と話す。問い合わせは三村さん【携帯電話】080・1134・7332へ。

保土ケ谷区川島町1170

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町1170

問い合わせ

三村さん

電話

080-1134-7332

080-1134-7332

公開日:2022-03-19

関連タグ