横浜市泉区の下和泉公園にチューリップ 手塩の1千株満開

シェアする
満開のチューリップ=4月7日撮影

「過去一番きれいに咲いた!」

 下和泉公園=下和泉4の19=の花壇に咲く、1千株のチューリップが満開を迎え、住宅地の中の公園に彩りを添えている。4年前から整備を行う周辺住民は「今年は過去一番きれいに咲いた」と喜ぶ。

 同公園のチューリップは、名所で知られる横浜公園=中区=からおすそ分けされたもの。横浜公園で咲き終わった球根を泉土木事務所が回収し、希望する区内の公園などに配布。1カ所でここまで大規模なものは区内では他にないという。

伐採後の空間に

 もともと多くの木が生い茂っていた下和泉公園。数年前、台風で木が倒れたことなどを契機に伐採され、空いたスペースに花壇を整備したのが始まりだ。

 「水場が少なく、少量ですむチューリップにしようとなった」と、同公園愛護会会長の秋葉輝夫さん。

 当初は今の半分ほどの広さだったが、年々植え替えながら拡大。近隣の中丸町内会の支援も受けながら、今年は1千株までに育てた。

 秋葉さんは「定着してきて、楽しみにしてくれる住民もいる。花壇を増設して今後も拡大していきたい」と話した。

住所

神奈川県横浜市下和泉4の19 下和泉公園

公開日:2022-04-18

関連タグ